ロレックスやオーデマ・ピゲを店舗に下見に行ってきた!色々品定めした結果2種類の腕時計を再度検討することに

~ようやく各メーカの店舗に訪問することに~

さて、以前より購入の検討を進めてきたロレックス(Rolex)やオーデマ・ピゲ(AUDEMARSPIGUET)の腕時計ブランド。
各ブランド編で購入を検討している記事をご紹介したのですが、コレが思いのほか反響がすごく、なかにはわざわざ問い合わせも含めてアドバイスを頂ける方もいらっしゃったりで、非常に勉強になることばかり。

今回、かなり時間は短いのですが、仕事の合間で何とかロレックスやオーデマ・ピゲの腕時計販売店(大阪)に訪問することができたので、ご報告含めて以下にまとめていきたいと思います。

但し、店舗内は人もそこそこに多く、撮影も禁止とのことだったので(初見ではあったものの購入する意思があることはお伝えした)、画像はこれまでの使い回しとなりますし、専門的な用語は全くわからないのでかなり語彙力が低い内容となっております。
予めご了承ください。

スポンサーリンク

~まずはロレックスの販売店にて品定めしてきた~

まずはロレックスのヨットマスター。
モデルとしては、上のゴールドとブラックの2トーン仕様となりますが、私が検討している中でも比較的リーズナブルなモデルとなります。
価格帯としては、私が訪問した際には約150万円ほどだったのですが、ここ最近になって少し価格がアップする傾向にあるとのことで、今のタイミングで購入するのも非常に有りとの。

また見た目に反して腕に装着した際の重量感はあまりなく、むしろなカジュアルな感覚で付けられるのもグッドポイント。
結構満足感は高いと思いますし、パッと見でロレックスとわかるのも良いと思います。

そして次はサブマリーナデイト。
カラーリングとしては、上の画像よりも少し水色に近いシルバーで、ブラックのアクセントが効いた渋い一本。
価格帯としても約120万円ほどで購入できるとのことですが、私から見たときの印象としてはとにかく大人っぽ過ぎるデザイン(マイナスな表現であれば親父臭い)で、ちょっとこれは検討から外れてしまったのが残念。

なお、もう一つ検討していたGMTマスターⅡについては、私が求めているモノが無かったので今回は除外しています。

~続いてはオーデマ・ピゲの販売店にて品定めしてきた~

続いては店舗を変えてオーデマ・ピゲに。
最近ヒカキン氏やラファエル氏のユーチューブ動画でも何かと話題となっている超高級ブランドですね。

まったく知識の私ですが、何故かオーデマ・ピゲというブランドには不思議な魅力があり、上の画像のようにロイヤルオーク・オフショア・クロノグラム・オートマティックはかなりのツボ。

実際にみたときの印象としては、レッドのアクセントが結構強めで、高級感の中にスポーティさとボーイッシュさを兼ね備える魅力あふれる一本。

実際に装着してみると、ロレックスに比べると若干の重みが感じられ、この重みを感じながら街中を歩くイメージが出来る程にニヤニヤしてしまいます(ニヤニヤしている表情は18禁です)。
なお、気になる価格帯としては、ロレックスよりも高価な約300万円ということで、これはかなり構えてしまう価格帯に。
ただ、それ以上に魅力と誘惑を持つ一本でもあるので、個人的には投機目的とかそういうのを抜きにして一括で購入したいと思えるほどですね。

そしてこちらも本命となっているロイヤルオーク・オートマティック。
これについては、画像と実際に実物を見てのギャップが大きかったと言いますか…あまりにも期待値が高過ぎたのでしょうね、すぐに候補から外れてしまいました。

多分、見た順番も良くなかったと思うんですよ…ロイヤルオーク・オフショア・クロノグラム・オートマティックの後だったので、ボーイッシュさから一気にアダルティさが強くなりすぎました。
価格帯も360万円ほどだったので、先ほどのモデルに比べてちょっと魅力が欠ける部分ではありましたね。

そのため、実際に腕に巻くといったことはありませんでしたが、私もがもう少し大人になってから挑戦してみたいと思います。

~結局候補として残ったのは2種類の腕時計~

結果的に残ったのはロレックスのヨットマスターとオーデマ・ピゲのロイヤルオーク・オフショア・クロノグラム・オートマティックの2種類となりましたが、価格帯が約2倍も異なるところは大きいものの、その分の満足感や自身の年齢を考えるとオーデマ・ピゲが良いのかもしれません。

一応店舗の方には近日中に購入有無の回答をする予定なので、それまでは色々な動画などを見て最終判断を下したいと思います。

☆★☆関連記事2選はコチラ!☆★☆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう