何コレ凄い!フルモデルチェンジ版・ホンダ新型「フィット4(FIT4)」発表後初のレンダリングが登場。それはやっぱりタイプRだった!

2019-10-26

~新型「フィット4」ジャパンプレミア後初のレンダリングはやっぱりタイプRだった~

先日より開催中の東京モーターショー2019にて、世界初公開されたホンダのフルモデルチェンジ版・新型「フィット4(Honda FIT4)」。
ホンダが公式に2020年2月に発表予定と説明しましたが、早くもこのモデルの発表後、初となるレンダリングが公開されています。

そのレンダリングが、既に新型「シビック」にも採用のハイパフォーマンスモデル”タイプR(Type R)”ということで、東京モーターショー2019にてジャパンプレミアした際に八郷隆弘 社長と新型「フィット4」が並んだときの画像をレンダリング加工しているものになりますね。

▽▼▽新型「フィットRS」のレンダリング関連記事はコチラ!▽▼▽

スポンサーリンク

~見れば見る程登場してほしいという気持ちもあるが…~

早速レンダリング画像を確認していくと、「フィット4」特有の愛着が持てるようなグリルレスバンパーがグロスブラックに仕上げられ、更には「シビック・タイプR」同様の大口化されたダミータイプのフロントインテークとフォグランプを搭載し、その隣にはダクトのような打ち抜き穴が4つ空けられていますね。

フロントヘッドライトは特に大きな変更はないものの、フロントロアグリルはアグレッシブなメッシュ状のグリルを採用し、フロントエンドには”Type R”の専用バッジ、そして”Honda”エンブレムやフロントスプリッター、サイドスカートにもレッドのアクセントが追加。
そして足元にはやはり、17インチ~18インチの大口径アルミホイールを装着し、ブレンボ製の超強力なブレーキキャリパと、さりげなくローダウンを施しているところもユニークですね。

ボディカラーはおそらくチャンピオンシップホワイトだと思われ、敢えてトップルーフをブラックにしないところも「シビック・タイプR」と共通にさせていて強い拘りが見られます。

なお、現在のところ新型「フィット・タイプR」の市販化については一切言及されていないものの、こうしたデザインを見ると、いずれは市販化してほしいと思う一方、「そう安々とタイプRの名を使ってほしくない」というジレンマがあるのが正直なところだったりしますね。

~今後間違いなく登場するであろうシャコタン仕様の新型「フィット4」~

そしてこちらも新型「フィット4」のシャコタンカスタム。
なぜか最近のトレンドになりつつあるシャコタン仕様ですが、意外にもこうしたギリギリを攻め込んだ改造モデルとして登場するのも悪くなく、東京オートサロンやスタンスネーションに登場してもおかしくないようなデザインだと思いますね(乗り心地は絶対に保証できないですけど…)。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Honda Fit Type R🤔 What if this was real & Honda made a Type R trim for the next Fit or Jazz? #Render #Fake #FitTypeR #HondaFit

Honda Brand Advocate(@hondaprojason)がシェアした投稿 –

☆★☆新型「フィット4」関連記事5選はコチラ!☆★☆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう