これは珍しい…イタリアにてマセラティ「ギブリ」の霊柩車が登場。更にはゴールドカラーのランボルギーニ「アヴェンタドールSVJロードスター」が世界最速納車?

~かなり貴重ともいえる「ギブリ」の霊柩車が登場~

イタリアにて、何とも珍しいマセラティの4ドアセダンモデル「ギブリ(Maserati Ghibli)」をベースにした霊柩車が登場。

従来モデルに比べて、ホイールベースが大幅に延長され(何かロングテールっぽい?)、棺桶が収納できるようにトランクスペースを大きく確保した特殊車両となりますが、実は「ギブリ」の霊柩車はイタリア本国にて最低でも3台は存在するそう。

なおこの霊柩車仕様は、イタリア・ピエモンテ州に拠点を置くエレーナ社が開発したモデルで、「ギブリ」のホイールベースを伸ばした上、ボディのリヤセクションをFRPなどの素材を用いて完全に作り直したとのことで、全長6,620mmにまで延長。

リヤ部は長さ2,350mm、高さ950mmと棺桶のためのコンパートメントを備えており、また車内のボタンはリモートコントロールで開閉可能なテールゲートなども装備されているとのこと。

パワートレインについては、排気量3.0L V型6気筒ディーゼルターボエンジンを搭載し、最高出力271ps/最大トルク600Nmを発揮するとのことで、このあたりはベースモデルから特に変更なしですね。

スポンサーリンク

~ベルギーでは世界初?の「アヴェンタドールSVJロードスター」が納車された模様~

続いてはベルギー・ラスンにて目撃されたコチラの個体。
何と世界限定800台販売されたランボルギーニ「アヴェンタドールSVJロードスター(Lamborghini Aventador SVJ Roadster)」が納車された模様。

ボディカラーは今回のイメージカラーにもなっているゴールド系で、トップはクーペと異なりグロスカーボン仕上げの手動脱着式ルーフが採用されていますね。

こちらはリヤデザイン。
リヤフェンダーには本来、ペイントもしくはステッカー貼付可能な”SVJ”ロゴが追加されているのですが、今回納車された個体ではそういった”SVJ”ロゴが入っていませんね。
”SV”ロゴとは異なってちょっとポップ調にも見えますし、賛否もあると思いますから、もしかしたらこの個体のオーナーは敢えてロゴを追加しなかったのかもしれませんね。

☆★☆関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:AUTOGESPOT①, AUTOGESPOT②

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう