おそらく世界初?フルモデルチェンジ版・アウディ「A1 Sportback」を400馬力まで過激チューン&カスタムした変態チューナーが登場【動画有】

~まさかここまで過激な新型「A1」のカスタムモデルが登場するとは…~

日本市場でももうすぐ発表・発売されるアウディのフルモデルチェンジ版・新型「A1 Sportback」ですが、このモデルを恐らくどこよりも早く過激チューニング&カスタムを施したチューナーが登場。

それが、アウディのカスタムを得意とするABT Sportline(アプト・スポーツライン)で、今回のカスタムモデルはほぼワンオフ仕様に仕上げられたモデルであるとして、更にはTTレーシングカー用の排気量2.0L 直列4気筒ターボチャージャーエンジンをぶち込んだことにより、エンジンチューニング並びにカーボンによって仕上げられた114mmのデュアルチップを備える直管エキゾーストシステムをインストールすることで、最高出力400hpまで向上された究極のスーパーミニモデルに仕上げています。

スポンサーリンク

~過激なのはエンジンだけでなく外観全ても突っ込みどころ満載!~

それ以外のエクステリアデザインについては、ゴールドのエアロリングを備える19インチアルミホイールを装着し、更にはグリップ性能を向上させるミシュラン製パイロットスポーツカップ2タイヤ(265/30 R19)、レッドとブラックによる見事なグラデーションに仕上げた2トーンカラーを採用。

パーツ関係については、巨大なフロントスプリッターやオーバーフェンダー、リヤウィング、リヤディフューザーといった超絶過激な外観へと仕上げられていますね(パッと見でも想像以上のヤバさが伝わってくる)。

インテリアもかなり力が入っていますね。
画像ではちょっと確認できませんが、後席は完全に排除しロールケージを追加。そういった意味ではリヤドアハンドルは隠されているので、実質2ドアホットハッチして見ても良いのかもしれません。

そしてシートやダッシュボードはほとんどがアルカンターラにて仕上げられ、品質の向上だけでなく軽量化にも貢献。一体これだけでどれだけのコストが掛かっているのやら…

【ONE OF ONE! – 2020 AUDI A1 WIDEBODY – 400hp INSANE PROJECT – ABT Sportsline, Daniel Abt】

☆★☆新型「A1」関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:motor1.com

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう