遂に来た!積送中のダイハツ「ビーゴ」の後継モデル・新型「ロッキー(Rocky)」を完全キャッチ。リヤにはしっかりと”Rocky”のロゴも!

2019-11-01

~ダイハツが完全シークレットにしていた情報がいとも簡単にスパイショット!~

先日より開催中の東京モーターショー2019にて、ダイハツブースではサプライズ出展として新型コンパクトSUVが公開されていたものの、正式名称は明らかにされず、しかもリヤエンドには車名のバッジも付いていませんでした。
既に名称は新型「ロッキー」であることも、ダイハツディーラでは確認済みだったのですが、未だトヨタ・ダイハツからはプレスリリースされていなかったので確証はありませんでした。

ですが、今回積載中の新型「ロッキー」がはっきりと目撃されており、加えてリヤエンドにはしっかりと”Rocky”のバッジが貼付されていることが確認できますね。

▽▼▽関連記事▽▼▽

スポンサーリンク

~とりあえず新型「ロッキー」であることを証明したリヤデザインを見てみよう~

別の写真で見てみるとこんな感じ。
リヤテールゲートの右下当たりのバッジが貼付されていることが確認できますね。
ボディカラーは、東京モーターショー2019にて出展されていた個体と同じファイアークォーツレッドメタリックとブラックの2トーンデザイン。

OEMモデルとなるトヨタ「ラッシュ」の後継モデルとなる新型「ライズ(Raize)」は、ターコイズブルーとブラックの2トーンデザインをイメージカラーとしていますが、新型「ロッキー」ではレッド系をイメージカラーとしているのかもしれませんね(積載車にもほとんどレッドの個体しか載っていない)。

中にはブラックの個体も見受けられますが、おそらくグレードは上位グレードの17インチアルミホイールが装着され、その下のレッド系は中間グレードとなる16インチシルバーホイールを装着した個体だと思われます。

それにしても…この角度から見るとより一層アウディ感が伝わってくるフロントデザイン(っというシングルグリルフレームなのが驚き)となっていますが、それだけダイハツもグローバルモデルを意識した渾身の一台なのではないかと思いますね。

11月5日の発表まで残すところ僅かとなりましたが、恐らくそれまでには価格帯等も明らかになってくるのではないかと予想されます。

▽▼▽新型「ロッキー」の最新情報全公開!▽▼▽

☆★☆新型「ライズ/ロッキー」関連記事5選はコチラ!☆★☆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう