これがダイハツ新型「ロッキー」のカタログだ!更には積送中のトヨタ新型「ライズ」が目撃されるなど11月5日のデビューに向け準備は進行中

2019-11-01

~遂にダイハツ新型「ロッキー」のカタログが判明!~

先日より開催中の東京モーターショー2019にてサプライズ出展された「(仮)新型コンパクトSUV」こと、ダイハツ新型「ロッキー(Daihatsu Rocky)」(「ビーゴ」の後継モデル)ですが、11月5日にデビュー予定も一部ディーラでは既にカタログが配布していることが判明(画像を提供いただけたT様には心より感謝申し上げます!)。

先日、積車中の新型「ロッキー」も目撃されていましたが、これで改めて「(仮)新型コンパクトSUV」の正式名称が「ロッキー」であることも確定しましたね。
残念ながらカタログの中身は公開されていないものの、既に価格帯や主要緒元、ボディカラー等も明確になっているので、恐らくこの辺りも近日中に全てが明らかになると思われます。

▽▼▽新型「ロッキー」の最新情報全公開!▽▼▽

そして、カタログの表紙のボディカラーも、東京モーターショー2019にて出展されていた個体と同じファイアークォーツレッドメタリックとブラックの2トーンデザイン。

OEMモデルとなるトヨタ「ラッシュ」の後継モデルとなる新型「ライズ(Raize)」は、ターコイズブルーとブラックの2トーンデザインをイメージカラーとしていますが、新型「ロッキー」ではレッド系をイメージカラーとしているのかもしれませんね。

▽▼▽トヨタ新型「ライズ」のカタログ一部が新たにリーク!▽▼▽

スポンサーリンク

~トヨタ新型「ライズ」も続々と積送中~

そしてこちらがOEMモデルとなるトヨタ新型「ライズ(Toyota Raize)」(「ラッシュ」の後継モデル)の積送中のスパイショット(画像を提供いただけたS様には心より感謝申し上げます!)。

既にカタログ・パンフレット資料がリークしているため、どういったデザインになっているかは明確ですが、こうして実車を見てみるとコンパクトなボディでありながらも、非常にダイナミックでスポーティですし、ダイハツ新型「ロッキー」のアウディ感とは異なる雰囲気が漂っていますね。

ちなみに足元のホイールは、グレードによって15インチ~17インチと様々なんですが、いずれも統一で4穴式になるようですね。

そして最後もトヨタ新型「ライズ」積車中のスパイショット(画像を提供いただけたM様には心より感謝申し上げます!)。
”Raize”のネームバッジですが、リヤテールゲートの左下に貼付されるのですね。

ちなみに新型「ロッキー」は右下にバッジが貼付されるようになっています。

☆★☆新型「ライズ/ロッキー」関連記事5選はコチラ!☆★☆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう