トヨタ「タウンエース/ライトエース」に計1.6万台超えの大量リコール。コネクティングロッドが損傷して走行不能になる恐れアリ

~最悪の場合、走行できない恐れアリ~

トヨタ「タウンエース/ライトエース」の2車種・計16,471台に大量リコール。

リコールの内容としては、エンジンのコネクティングロッドにおいて、製造条件の管理が不適切なため、内部に傷が発生しているものがあるとのこと。
そのため、最悪の場合、高負荷環境下でコネクティングロッドが破損して、走行不能に至るおそれがあるとしてリコールを発令しています。

スポンサーリンク

~対象モデルをしっかりとチェックしていこう!~

なお、気になる対象モデルは以下の通り。
これによる事故は発生していないものの、不具合が2件発生しており、更に市場からの情報により明らかになっています。

【リコール対象モデル一覧】
[対象型式/対象車台番号/製作期間/対象者台数]

[タウンエース/ライトエース]

・DBF-S402M/S402M-0074168~S402M-0082576/平成30年4月4日~平成31年4月23日/8,067台

・DBF-S412M/S412M-0024864~S412M-0028981/平成30年4月4日~平成31年4月23日/4,023台

・DBF-S402U/S402U-0024652~S402U-0027859/平成30年4月4日~平成31年4月23日/3,149台

・DBF-S412U/S412U-0007613~S412U-0008854/平成30年4月7日~平成31年4月23日/1,232台

改善措置としては、全車両、コネクティングロッドを良品に交換するリコール作業を実施するとのことです。

☆★☆直近のリコール関連記事10選はコチラ!☆★☆

Reference:国土交通省

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう