早過ぎる…フルモデルチェンジ版・三菱/日産の新型「eKクロス/デイズ」にリコール。走行中にエンジンが停止する恐れアリ

~最悪の場合、走行できない恐れアリ~

国土交通省の情報によると、三菱/日産のフルモデルチェンジ版・新型「eKクロス/デイズ(DAYZ)」の計8,375台にリコール。

リコールの内容としては、過給機付きエンジン車のエンジンコントロールハーネスにおいて、配索が不適切なため、走行時の振動で当該ハーネスがインタークーラーのケースと接触することがあるとのこと。
そのため、当該ハーネス内の電線の被覆が削られて短絡し、最悪の場合、走行中にエンジンが停止するおそれがあるとしてリコールを発令しています。

スポンサーリンク

~対象モデルをしっかりとチェックしていこう!~

なお、気になる対象モデルは以下の通り。
これによる事故は発生していないものの、既に6件の不具合が発生しており、更には試乗からの情報により明らかになったとのことです。

【リコール対象モデル一覧】
[対象型式/対象車台番号/製作期間/対象者台数]

[三菱「eKクロス」過給器付エンジン車]
・4AA-B35W/B35W-0000202~B35W-0004265/平成31年3月13日~令和元年7月22日/2,041台

・4AA-B38W/B38W-0000204~B38W-0002101/平成31年3月13日~令和元年7月19日/1,108台

[日産「デイズ」過給器付エンジン車]
・4AA-B45W/B45W-0000201~B45W-0006939/平成31年3月13日~令和元年7月23日/4,399台

・4AA-B48W/B48W-0000201~B48W-0001385/平成31年3月13日~令和元年7月19日/827台

改善措置としては、全車両、エンジンコントロールハーネスとエンジンブローバイホースを共締めを行い、 なおハーネスを確認し損傷している場合は、補修または新品と交換するリコールを作業を実施するとのことです。

☆★☆直近のリコール関連記事10選はコチラ!☆★☆

Reference:国土交通省

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう