シンプルが一番!フルモデルチェンジ版・ホンダ新型「フィット4(FIT4)」HOME(ホーム)の質感はどうだ?その無印感と充実した装備内容を見ていこう【動画有】

~最もスタンダードなグレードだからこそ一番買いやすいのかもしれない~

さて、先日より開催中の東京モーターショー2019にて、ホンダのフルモデルチェンジ版・新型「フィット4(Honda FIT4)」が世界初公開されましたが、その見た目のキュートさやコロンとした丸っこいボディ、見た目とは異なる質感の高さは非常に評価が高く、既に複数のカーメディアも絶賛しているほど。

前回、最上位グレードとなるLUXE(リュクス)とSUVテイストのCROSSTAR(クロスター)、そしてエントリーグレードのBASIC(ベーシック)の質感並びに内外装インプレッションを行いましたが、今回はスタンダードでシンプルとされるHOME(ホーム)をインプレッションしていきたいと思います(少し期間が空いてしまい申し訳ございません)。

▽▼▽その他のグレードのインプレッション記事はコチラ!▽▼▽

そして今回も、HOMEの質感をチェックさせていただくのは自動車レビュー系をメインとするroom My hobbyさん。
東京モーターショー2019に何度も足を運び、現在も現場にて撮影してきた映像を随時更新中です。

スポンサーリンク

~多分メーカオプション選ばなくても十分すぎる装備内容だと思う~

改めて新型「フィット4」のフロントデザインを見ていきましょう。
フロントヘッドライトは、e:HEV採用のハイブリッドモデルとガソリンモデル共通となるLEDを標準装備し、LEDデイタイムランニングライトももちろん装備。
そしてBASIC(ベーシック)と共通となるフロントフォグランプレスで、ダミーインテークが装備されていますね。

サイドから見てみるとこんな感じ。
競合モデルとなるトヨタ新型「ヤリス(旧ヴィッツ)」とは異なり、トップルーフが一気に下っていくクーペタイプではなく、後席の居住性や積載性をしっかりと考慮したMPVっぽいハッチバックスタイルを採用しています(これにより、リヤハッチガラスがそこまで傾斜を持たなくなるので、より垂直に近くなりインナーミラーからみる後方視認性が高くなる)。

また足元にはスパイラル形状のシンプルな15インチアルミホイールを装着し、フロント・リヤ共通でディスクを装着していますね(電動パーキングブレーキの問題で、リヤがドラム式ではなくなったので品質がアップするのは嬉しいポイント)。

給油蓋も丸型ではなく、ボディラインに合わせた個性的な形状が採用され非常にクール。
この辺りの工夫も評価が高いのではないかと思います。

リヤデザインはこんな感じ。
トップルーフがブラックではないモノトーン仕様なのに、リヤテールランプよりも上部がピアノブラックに塗装され非常に引き締まったデザインに仕上がっていますね。
リヤロアバンパーにはブラックのプラスチックを使用せず、まんべんなくボディパネルを使用する潔さも好印象を受けます(おまけにクリアランスソナーも標準にてついているので安全性に対する意識の高さもうかがえる)。

~無印感の印象が高いのにインテリアの質感はかなり高い!~

ここからはインテリアを見ていきましょう。
フロントの内ドアはシンプルなプラスチックとホワイトのトリムを採用。
素材は不明ですが、ファブリックにも合成皮革にも見えますね(合成皮革ならポイント高いし上質!)。

そしてこちらはフロントシート。
ファブリックをメインとしつつ、サイドには合成皮革のコンビシートを採用していますね。
カラーもライトなグレートとホワイトで無印感がすんごく強調されています(シンプルで飾らない感じ)。

そしてこちらは運転席周り。
ダッシュボード周りにはホワイトの合成皮革が装備されているのでしょうか?このあたりも質感は高そうですね。
ステアリングもホワイトのアクセントが効いていて、男女関係なく気軽に乗れそう。

センターシフトノブ周りもシンプルですね。
シフトブーツ付のシフトノブや、電動パーキングブレーキ&オートブレーキホールドも標準装備。
但しその奥には”置くだけ充電”が搭載されていないのはちょっと残念ですね。

こちらはセンターコンソール。
アタッチメント付のレールが装備され、ここに脱着可能なアームレストが装備できるのだと思うのですが、恐らくディーラオプション扱いなのではないかと思います(標準で装備されないのが残念)。
そしてその後ろには、スマホ充電用のUSBポートが2口設けられていますね。後席の方が使用できるのもありがたいところです。

こちらはリヤの内ドア。
パワーウィンドウスイッチ周りについては、LUXE(リュクス)やCROSSTAR(クロスター)ではメッキもしくはピアノブラック調のオーナメントパネルが使用されていましたが、HOMEではホワイトのシンプルなパネルが使用されているようですね。

そしてこちらはリヤシート。
足もとの広さも十分ですし、上質な感じが見られます。

もちろん、格納式となるリヤシート用アームレストも完備。
コンパクトモデルクラスでこの装備は十分すぎるのではないかと思います(長距離移動時には本当に重宝できる)。

最後はトランクルーム。
トランク容量は不明ながらも、深さもそこそこあるので多少背の高い荷物でも後方視界の妨げにはならなそうですね。

もちろん後席も前方に倒すことができますし、「フィット」伝統のチップアップも可能なので、実用性に富んだ一台だと思います。

【ホンダ 新型 フィット HOME&LUXE&BASIC 実車見てきたよ☆これは売れる!内装は必見です!HONDA ALL NEW Fit(JAZZ)inside&outside】

☆★☆ホンダ新型「フィット4」関連記事5選はコチラ!☆★☆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう