【遂にライトが点灯!】あの大人気レンダリング・日産「GT-R R35 Nismo×スカイラインGT-R R34」のミックス版「R36 Nismo Concept」がまたまた公開【動画有】

~もう次世代「GT-R R36」はこれで販売しても良いと思う~

以前より何かと話題を呼んでいる日産「GT-R R35 Nismo」と「スカイラインGT-R R34」のミックス版レンダリング「R36 Nismo Concept 」ですが、今回は遂にフロントヘッドライトが点灯したデザインに加え、デジタルアーティストであるRoman Miah氏が、ファンの要望に応えて専用壁紙を作成したとのこと(「R36 Nismo Concept」の評判が相当に良かったようで、壁紙の作成依頼が殺到したそうです)。

ちなみに上のレンダリングは、映画「ワイルド・スピードX2」にて登場した、ブライアン仕様の「スカイラインGT-R R34」のブルーのグラデーションとストライプを無くしたシルバーのみのカラーリングとなり、その他エアロパーツに加味されたブルーのディテールアクセントは従来通りのデザインとなりますね。

また専用壁紙については、以下の専用ホームページにて高画質版がインストールできるとのことですし、「R36 Nismo Concept」以外にも様々なレンダリングの壁紙もインストールできるので是非ともチェックしてみてください。

スポンサーリンク

~ブライアン仕様の「R36 Nismo Concept」の人気は異常だったようだ~

そしてこちらが圧倒的な注目と人気を得たブライアン仕様のシルバーとブルーのアクセントが入った「R36 Nismo Concept」。
フロントヘッドライトが点灯し、フロントフォグ部にはポジションライトらしきフラットなバーも点灯していますね。
そしてさり気なくフロントエンドには、非常にコンパクトなVモーショングリルが設けられていることが確認できます。

~シンプルなブリリアントホワイトパールとブルーのアクセントも人気~

そしてこちらは、2020年モデル・新型「GT-R R35 Nismo」にも採用のシンプルなブリリアントホワイトパールのボディカラーを基調とした一台となりますが、先ほどのシルバーとはまた異なる雰囲気を持つものの、膨張色ということもあってかなりワイド感が引き立っていますし、カーボンファイバ製エアロとのメリハリもしっかりと効いていますね(とりあえず市販化してほしいことに代わりは無い)。

最後はティーザー画像風に仕上げられたブライアン仕様且つシルバーオンリーのレンダリング。
上にも記載されていますが、次世代モデルでは、また”スカイライン”という伝説的なブランド名で復活してほしいところですね。

そして以下の動画は、今回の「R36 Nismo Concept」を生み出すきっかけにもなったレンダリング動画。
美しくも立体感のあるレンダリングが描けるまでの一連が動画にて収められています。

【Nissan GTR Edition R34 Concept Drawing】

☆★☆「スカイラインGT-R R34」関連記事5選はコチラ!☆★☆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう