やっぱ中国凄い…スズキ新型「ジムニー・シエラ」ベースのメルセデスベンツ「AMG G63」風ワイドボディキットが大人気!意外と品質は高く、しかし低コストで「Gクラス」に大変身だ

2019-11-05

~中東はカスタムを好む傾向にあるため、今回のカスタムモデルはそういった中東の趣向をしっかりと分析できていた~

以前、中国のアフターパーツメーカがスズキ新型「ジムニー・シエラ(Suzuki Jimny Sierra)」をベースにしたメルセデスベンツ「AMG G63」風ワイドボディキットをご紹介しましたが、この専用ボディキットを販売している中東の代理店Fast Car Service Center(FCSC)によると、想像以上の売れ行きを見せているとのこと。

トヨタ「ランドクルーザー」やメルセデスベンツ「Gクラス」、ランドローバー「ディフェンダー」、ジープ「ラングラー」といったオフロードモデルの人気が高い中東ですが、今回中国から発表されたワイドボディキットの先行オーダーも、想定の2倍以上となる50件近くまで入っているとのこと。

▽▼▽関連記事▽▼▽

スポンサーリンク

~かなりの低コストと高品質で「Gクラス」に仕上げられる~

前回のブログでもお伝えした通り、カスタムワイドボディキットは、中国製のドアミラーやトップマウントのインジケータ、そしてAMGの特徴でもあるパナメリカーナグリル風コンバーションキット、インテーク、LEDヘッドライト、そして3D技術を駆使したコンバート専用パーツ等、本物の「AMG G63」を購入するよりも圧倒的に安い価格にて仕上げることができ、加えて低価格(厳密な公表はされていませんが、100万円台でできるとの噂も)でありながらも高品質な外観へと仕上げられていると高い評判を得ているそうです。

長期的な品質(耐久性)についてはまだわからないものの、確かに見た目としてはダイナミックな「Gクラス」に見えますし、細部に至るまで徹底的に「Gクラス」を再現していることが確認できますね。

また中東市場だけでなく、今後は中国市場や日本市場にも進出すれば人気が出るかもしれませんし、既に”ミニGクラス”専用ワイドボディキットを販売するリバティーウォークやDAMDを喰いかねない存在となるかもしれません。

リヤデザインもこうして見るとかなり完成度高いですし、しかしスペアホイールカバーにはしっかりと”Suzuki”のエンブレムを設けると言う潔さもありますね。

☆★☆新型「ジムニー/ジムニー・シエラ」関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:autoevolution

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう