【価格は167.9万円から】トヨタ新型「ライズ(RAIZE)」が遂に発表・発売スタート!みんなが求めていた”最も扱いやすいSUV”で市場を独占?気になる最新納期と残価率は?【動画有】

~遂にトヨタ新型「ライズ」が発表・発売スタート!~

本日11月5日、ダイハツ新型「ロッキー」のOEMモデルでトヨタ「ラッシュ」の後継となる新型「ライズ(RAIZE)」が発表・発売スタートしました。
新型「ライズ(RAIZE)」は、トヨタのSUVラインナップモデルで最もコンパクトなSUVモデルであり、しかしコンパクトSUV「C-HR」よりも後席が広く実用性をしっかりと高めた”最も扱いやすいコンパクトSUV”となります。

なお、上に公開されている個体は新色となる「ナチュラルベージュマイカメタリック」で、グレードは最も安価なベースグレード”X”となります。
フロントLEDヘッドライトは標準装備となりますが、LEDポジションランプやフォグランプは搭載されず、足元のホイールも15インチの鉄チン(スチール)ホイールであることが確認できますね。

スポンサーリンク

~意外と有りそうでなかった実用的で操作性を高めたコンパクトSUV~

なお車体のスタイリングやデザインは、ダイハツが昨年の東京モーターショー2019にて発表した「DNトレック」のデザインを上手く引き継いだキープコンセプトモデルで、これまでクーペスタイルだったSUVではなく、武骨でカクカクした実用性の高いSUVとなります。

エクステリアやインテリアの詳細については、これまで当ブログにて詳細情報をお伝えしてきたので省略しますが、インテリアはシンプルながらも操作性を考慮して物理スイッチを採用。
更にインフォテイメントシステムはフルデジタルということで、ドライバのその時の感情に合わせてレイアウトを変更できるのも大きなポイント。

またセンターのディスプレイオーディオは、トヨタ純正のT-Connectナビに設定することもできれば、社外製の9インチナビゲーションディスプレイも設定できるので、この辺りの選択幅の広さをしっかりと汲んでいるのはグッド。

~新型「ライズ」の価格と納期、気になる残価率は?~

これは再度の公開となりますが、参考までに新型「ライズ」のグレード別価格帯とボディカラー一覧を公開。

【トヨタ新型「ライズ」グレード別価格帯(10%税込)】

[前輪駆動(FF)]
”X”:1,679,000円
”XS”:1,745,000円
”G”:1,895,000円
”Z”:2,060,000円

[前輪駆動(FF)+北海道地区仕様]
”X”:1,720,800円
”XS”:1,786,800円
”G”:1,935,700円
”Z”:2,084,200円

[四輪駆動(4WD)]北海道地区仕様も同価格
”X”:1,918,800円
”XS”:1,984,800円
”G”:2,133,700円
”Z”:2,282,200円

気になる新型「ライズ」の納期ですが、今のところ年内納車は可能という事ですが、今回の発表のタイミングで2020年1月以降になる可能性もあります。
また残価率についても、3年残価で53%と非常に高いので、リセールバリューも非常に良い一台なのではないかと思いますね。

【【ライズ】商品理解動画「走行安定性」篇】

【【ライズ】商品理解動画「スマートアシスト」篇】

☆★☆新型「ライズ/ロッキー」関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:Toyota, RUSHLANE

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう