遂に来た!トヨタ新型「スープラ 3000GTコンセプト」が世界初公開!TRD3000GTからインスピレーションを受ける究極のカスタマイズスポーツクーペだ

~遂に「GRスープラ 3000GTコンセプト」の姿が明らかに!~

昨日11月5日より開催中のSEMAショー2019にて、トヨタの2ドアスポーツクーペ・新型「GRスープラ」をベースにしたカスタムモデル「GRスープラ 3000GTコンセプト」が世界初公開となりました。

このモデルは、1994年に登場した「スープラ TRD3000GT」からインスピレーションを受けたスペシャルカスタマイズモデルで、トヨタ開発部門により専用エアロキットの装備だけでなく、カスタムエキゾーストシステムやローダウンサスペンション等をインストールしたゴリゴリの一台となります。

▽▼▽その他SEMAショー2019にて出展された新型「GRスープラ」はコチラ▽▼▽

スポンサーリンク

~その見た目はスポーティな上に豪華仕様~

具体的なカスタムポイントとしては、ゴールドのアクセント付となる大きなフロントスプリッターに加えて、大口化されたフロントグリル、それにあわせたワイドなアグレッシブボディを採用。

少し角度を変えてみると、フロントフードの両端には三角形のダクトを備えることで空冷効果を向上させています。

サイドから見るスタイリングも中々にグッド。
サイドシルがダイナミックになり、更にはドアサイドのダクトには謎のカーボンファイバパーツが装着されていますね。
ちなみにボディカラーは、マット系のシルバーに身を纏い、ゴールドのアクセントが追加されてます。

リヤデザインもかなりボリューミー。
大きく反り上がったトランクスポイラーに加えて、巨大なリヤウィングを装着。
更には新開発のリヤディフューザーやHKS社製カスタムエキゾーストシステムをインストールしています。

足周りについては、Tein Street Advance Zのコイルオーバーセットがインストールされ、足元には19インチのマルチスポークアルミホイール+Toyo Proxes R888Rタイヤを装着。
更にはフロント6ピストンの380mmツーピースロータを装備したブレンボ製GT-Sモノブロックブレーキキャリパを採用。

~インテリアはレーシーながらも優雅なひと時も忘れない~

インテリアについては、Bride Xero CSレーシングシートを採用し、パイオニア製サウンドシステムを搭載することでより上質な音楽を楽しめるようにチューニングされているとのこと。

気になるパワートレインについては、特にこれといった変更は施されずの排気量3.0L 直列6気筒ツインスクロールターボエンジンを搭載し、最高出力335hp/最大トルク495Nmを発揮します。

【Toyota Supra 3000GT concept studio】

☆★☆SEMAショー2019関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:Motor1.com

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう