何コレ凄い!フルモデルチェンジ版・ホンダ新型「アコード(Accord)」に”タイプR”が登場したら?というレンダリングが公開。まさかのセンター4本だしマフラも

~但し、今のところ市販化の予定は全く無し~

東京モーターショー2019にて実車初公開されたホンダのフルモデルチェンジ版・新型「アコード(Honda Accord)」ですが、このモデルにハードコアグレードとなる新型「アコード・タイプR」が登場したら?というレンダリングが公開されています。

今回このレンダリングを公開した中国カーメディアKEYAUTO.MYの情報によると、基本的なデザインは新型「アコード」を受け継ぎながらも、フロントグリルは全てメッシュに変更され(しかもダミーじゃない!)、フロントポールサイドのエアインテークやフロントスプリッター、サイドスカートもタイプR仕様となり、「NSX」を想起させるような専用アルミホイール、レッドのブレンボ製ブレーキキャリパ、そしてタイプRの特徴ともいうべきレッドのディテールアクセントや”Type R”バッジが採用されています。

スポンサーリンク

~リヤマフラはまさかの「コルベットC7」風、エンジンはやっぱり2リッターVTECターボ~

そしてこちらがリヤデザイン(ボディカラーはブリリアントスポーティーブルー・メタリックからフレームレッドへと変更?)。
何かとんでもないことになっていますね…

トップルーフとシャークフィンアンテナはブラックにペイントされ、トランクスポイラーはカーボン調のものと思われますが、このあたりは何とも言えないところ。
そしてリヤバンパーにはダミーと思われるメッシュデザインが追加され、リヤマフラーはシボレー「コルベットC7」のようなセンター4本だしマフラをインストールしています。

パワートレインとしては、もしもタイプRとして登場する可能性があるのであれば、「シビック・タイプR」同様に排気量2.0L 直列4気筒VTECターボエンジンを搭載し、最高出力310hpを発揮するとのこと(従来モデルのパワートレインは明らかになっていないものの、新型「フィット4」同様にデュアルモータを組合わせたe:HEVが採用される予定)。

もちろん、これはあくまでもレンダリングアーティストや中国カーメディアの願望が含まれたスペックになるので、必ずしもこのモデルが市販化されるとも限りませんのでご注意を。

☆★☆ホンダ「アコード」関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:KEYAUTO.MY

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう