これはド派手だ、レクサス「LC500」をベースとした「GT500」が登場。東京オートサロン2017にて

本日1/13(金)より開催の東京オートサロン2017において、レクサスエリアに「GT500」(排気量2.0L)が展示。
デザインはかなり派手でありながらクラシックなデザインで、以前のGTシリーズとなる「RC F」にも寄せたスタイリングとなっていますね。

スポンサーリンク

フロントデザインはやはりレクサスの象徴ともいえる”スピンドルグリル”で、ロア部においてはメッシュが取り外されていますね。

リアウィングにおいても、かなり大型となっていて、見方によっては完全に車幅寸法を超えているように見えますね。(全長4,960mm・全幅1,950mm・全高1,150mm)


タイヤはブリヂストンの「POTENZA」で、ホイールとディスクのサイズ感がちょうど良く、全体を黒で仕上げているため非常に落ち着いた足回りとなっています。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう