何コレ凄い!スズキ新型「ジムニー・シエラ」10台がイタリアの警察車両に採用。専用ボディカラー、これでオンロード/オフロードでは絶対に逃がさないぞ!

~まさか新型「ジムニー」がイタリア警察の専用車両に採用されるとは…~

日本市場では現在納期1年近くとなっているスズキの大人気オフロード四輪駆動モデル・新型「ジムニー/ジムニー・シエラ」。
何と乗用車モデルの新型「ジムニー・シエラ」が、イタリア軍事警察「カラビニエリ」の警察車両として10台採用されていたことが明らかとなりました。

今回採用された「ジムニー・シエラ」の警察車両は、フォカッチャグループによって警察艦隊車両の仕様に準拠された特別なボディカラーに塗装されているとのことで、ホワイトのトップルーフとArma Blueと呼ばれる伝統的なデュアルトーンカラー(レッドのアクセントもかなり良い感じ)を採用しています。

スポンサーリンク

~是非ともこのボディカラーでも市販化を希望したいところ~

更にトップルーフには、青色に点滅するLEDパトライトが取り付けられ、クルーズライト機能も組み込まれているとのこと。
また、白色光のサーチライトも備えられているとのことで、外部からでも内部からでも制御することが可能なように設定されているそうです。

なお、足元には15インチアルミホイール、フロントヘッドライトはLEDであることから上位グレードのXCだと思われます。

その他には、フロントフードエリアにはブルーのバックライトが追加され、2つのNano LEDダウンライトも設けられているとのことで、点滅等とクルーズライトとしての機能も果たすとのこと。

インテリアは公開されていませんが、各種ライトの設定は全てダッシュボード中央に配置されており、フロントシート(運転席/助手席)に座った人物の何れかがすぐに操作できるように配慮されいているところもポイント。
また、オフロードでの走行も考慮して室内にはゴムマットも装備され、消火器やスノーチェーンセット、オフロード専用タイヤも装備されています。

パワートレインとしては、乗用車タイプとなる排気量1.5L 直列4気筒自然吸気エンジンを搭載し、最高出力105ps/最大トルク130Nmを発揮。
駆動方式は変わらずのパートタイム4WDとなります。

~その他新型「ジムニー」はどういった車両として活用されている?~

~JAF仕様の「ジムニー・シエラ」~

なお、イタリア警察がポリスカーとして「ジムニー」を採用したように、日本県内でも「ジムニー」を採用した専用車両がいくつか存在します。

まずは愛知県某所にて、スズキ・新型「ジムニー・シエラ(Jimny Sierra)」のJAF仕様が目撃されています(しかも故障車の対応のために出動)。
愛知支部にて配備されているJAF仕様の「ジムニー・シエラ」ですが、ホワイトとブルーの2トーンカラーがかなりマッチしていて、非常にスポーティで爽やかな印象を受ける一台となっています。

ドアセンターパネルには「JAF」のデザインロゴもしっかり貼付されていることが確認できますね。
ちなみに、足元には15インチアルミホイールが装着されていることから、最上位グレードのJCであることがわかり、恐らくデュアルセンサーブレーキサポートシステムなどのメーカオプションも全て備わっているものと推測されます。

なお、「JAF」とは日本自動車連盟の英語表記である「Japan Automobile Federation」の略称であり、基本的にはロードサービスを行うことがメインとなっていますが、国内での様々なモータースポーツイベントでの業務を行うことでも有名ですね(しかもモータースポーツ公認済み)。

~日本郵便仕様の新型「ジムニー」~

続いては、北海道某所にて目撃された日本郵便仕様に特注デザインした新型「ジムニー」。
おそらく本物だと推測していますが、これで雪が降った日でも新型「ジムニー」の強力なパートタイム4WD機能にて悪路を走破し、繁忙期となる年末年始の年賀状ラッシュや普段の郵便物などもスムーズにお届けできるかもしれません。

それにしても…まさかこのような仕様の「ジムニー」が登場するとは思いませんでしたが、もしかすると今後は企業のイメージカラーにマッチした(例えばクロネコヤマト仕様とか…)特別な「ジムニー」が登場してくるかもしれませんね。

ちなみに、今回目撃されているのは、フロント・リヤにブラックのオーバーフェンダーを装着していないことから軽仕様の「ジムニー」であることがわかり、足元には鉄チンホイールを装着していることからエントリーグレード”XG”もしくは中間グレードの”XL”のいずれかだと推測。

なお、新型「ジムニー」の中でも最も高額と言われるブラックトップ2トーンでも+64,800円(税込)の追加オプションが発生しますが、今回の日本郵便仕様は従来のラインナップカラーには無いものになるため、さらに高額なオプション費用が発生しているかもしれません(もしかしたら10万円超えるかも?!)。

~消防車仕様の新型「ジムニー」~

最後は静岡県・藤枝市にある志太消防本部 藤枝消防署北分署にて、広報車として新型「ジムニー」が採用。
新型「ジムニー」が消防車両として配備されたのは日本でも初めてだと思われ、北分署のように管内に多くの山間部を抱えている地域にとっては、小型で悪路の走破性を高めたモデルというのは非常に理想的であり、今後広報車として大きく活躍することは間違いないと思われます。

その他にも、志太消防本部としては、山林火災では狭隘な林道へ進入して可搬ポンプや消防ホースなどの資機材を安全・確実に搬送し、消防ポンプ自動車と一体的に活動することで、消防機能の充実・強化を図り迅速な消火活動を実施していくと説明。

既に藤枝市内でも大きな注目が集まっているとのことで、広報車として以外にも、新型「ジムニー」のPR活動にも大きく貢献していくのではないかと考えられています。

サイドから見てみるとこんな感じ。
いかにもミニ消防車といった感じですが、本来の消防車には悪路に強い走破性も武器にしているため、まさに場所を問わずして救助に向かえる万能モデルと言えそうです。

ちなみに、今回のモデルは、フロント・リヤにブラックのオーバーフェンダーを装着していないことから軽仕様の「ジムニー」であることがわかり、足元には鉄チンホイールを装着していることからエントリーグレード”XG”もしくは中間グレードの”XL”のいずれかだと思われますが、サイドミラーの形状を見る限りではエントリーグレードの”XG”である可能性が非常に高そう。

ボディカラーにおいても、本来ラインナップしていない消防車仕様のレッドにて塗装されているため、オーダーメイドカラーとして捉えるなればそこそこ高額になるのではないかと思われます。

リヤデザインはこんな感じ。
ただでさえ新型「ジムニー」が公道を走行しているだけでも注目度は高いのに、こうした消防車仕様の「ジムニー」が走行すると注目度は更に倍増するでしょうね。
一度は生で拝見してみたいものです。

☆★☆新型「ジムニー」カスタム関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:IndianAutosBlog

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう