2019年モデル・(豪)日産の新型「エクストレイル(X-Trail)」に特別限定モデル”X-Trek(エヌトレック) Limited Edition”が登場!限定500台のみ、価格は約290万円から

~フルモデルチェンジ版へと繋ぐ現行モデル最後?の特別仕様車が発売スタート~

オーストラリア市場にて、日産の主要SUVモデルとなる「エクストレイル(X-Trail)」をベースにした特別仕様車「エクストレイル・エヌトレック・リミテッド・エディション(Nissan X-Trail N-Trek Limited Edition)」が発売スタートしました。

このモデルは、現行「エクストレイル」のミドルスペックST-Lをベースにしたもので、オーストラリア限定500台のみ販売されています。
駆動方式は、前輪駆動(2WD)/四輪駆動(4WD)の2種類がラインナップされ、価格はそれぞれ約290万円~/約304万円~の発売となります。

なおパワートレインについては、排気量2.5L 直列4気筒エンジン(最高出力171ps/最大トルク225Nm)&トランスミッションはCVTの1択のみとなっているそうです。

スポンサーリンク

~フィジカルな印象を与えてくれるプロテクタパーツを採用~

今回発売された特別仕様車を見てみると、フロントボンネットにはブラックのプロテクターやスリムラインウェザーシールド、フロント・リヤキックプレート、そしてダイナミックな19インチアルミホイールを装着。

インテリアについては、7インチのインフォテイメントシステムやBluetooth、DAB+デジタルラジオ、交通監視機能付き衛生ナビゲーションシステム、レザートリム、フロントシートヒータ、デュアルゾーン環境制御、クルーズうコントロールといった豪華な機能が標準装備されています。

~安全装備もほぼ全て標準装備され充実に~

安全装備については、移動物体検出機能を備える360度カメラシステムや、予測経路技術を備えるリバースカメラ、インテリジェント緊急ブレーキ、前方衝突警告、リヤクロストラフィックアラート、ブラインドスポットアラート等も標準装備されています。

ボディパネルには、特別限定モデルであることを意味する”N-Trek”バッジも貼付。

なおフルモデルチェンジ版・新型「エクストレイル」は、2020年夏以降に登場すると予想される三菱のフルモデルチェンジ版・新型「アウトランダーPHEV(Mitsubishi Outlander PHER)」と同じプラットフォームを共有することで兄弟車種になる?とも言われていますが、恐らく安全機能においても、日産の新世代プロパイロット(Pro-Pilot)技術が採用され、三菱・新型「アウトランダーPHEV」にもマイパイロット(Mi-Pilot)として流用されるのではないかと予想されています。

☆★☆「エクストレイル」関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう