ランボルギーニ「ウルス」を仕留めにかかる!過激なパワーを持つジープ「グランドチェロキー・トラックホーク」を800馬力にチューンした変態チューナーが登場

~ドイツチューナーは本気でランボルギーニ「ウルス」を仕留めにかかろうとしている~

ランボルギーニのSSUVモデル「ウルス(Lamborghini Urus)」を競合モデルとした、ハードコアSUVモデル・ジープ「グランドチェロキー・トラックホーク(Jeep Grand Cherokee Trackhawk)」を、ドイツの過激チューナーでお馴染みB&B Automobiletechnikが、更に過激にアップグレードした専用キットを発表しました。

スポンサーリンク

~馬力だけを見たらフェラーリ「812スーパーファスト」に相当する過激仕様~

今回B&B Automobiletechnikが発表した専用チューニングキットは、排気量6.2L V型8気筒スーパーチャージャーエンジンをベースに、ステージ2アップグレードと呼ばれるECUセットアップ等により、最高出力717ps→800ps/最大トルク875Nm→985Nmへと向上させたクレイジーモデルとなります。

これにより、直線のパフォーマンスとしては0-100km/hの加速時間が3.7秒→3.4秒へと短縮され、最高時速も290km/h→300km/hへと更に速くなり、ほぼほぼ「ウルス」と同じスペックにまで持ち上げてきた、正真正銘のキラーモデルといっても過言ではないかと思います。

なお、このステージ2のアップグレードは約48万円の費用が必要となりますが、その下のステージ1は約18万円の費用にて、最高出力740ps/最大トルク900Nmの控え目仕様に調整することが可能だそうです。

もちろん、上記のエンジンチューニング以外にも、約72万円にてフラップコントロールを備えるハイパフォーマンスステンレス鋼エキゾーストシステムのインストールや、50mmのローダウンスポーツスプリングと11J×22インチの大口径アルミホイールを装着することが可能となります。

☆★☆「グランドチェロキー」関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう