格安タイヤを販売していたオートウェイの社長と役員が”安全性に問題のある”ホイールを販売したとして逮捕。”BBS”の偽物となる”885”ホイールを販売か?

~まさかあの有名ショップ「オートウェイ」が不正を働いてたとは…~

自動車業界では非常に有名で、更には格安タイヤを販売することでもお馴染みの福岡県・自動車部品販売会社「オートウェイ」が、2018年11月にホイールの安全基準が満足していないものを”あたかも満足している”かのように偽装したとして、社長である倉元進 容疑者(58)と、役員である田中剛 容疑者(56)含む3人が逮捕されていたことがわかりました。

厳密な情報が展開されていないため何ともいえないところですが、一部報道ではドイツの有名ホイールブランド「BBS」の偽物が中国を拠点として販売されていたとして、それらをオートウェイが安い価格にて入手し、更には安全基準を全くクリアできていない粗悪品に対して「JWL(Japan Light Alloy Wheelの略)」という安全基準マークを貼付して販売したとのこと。

スポンサーリンク

~JWLの規格を満足しなければホイールが変形したり破損する恐れがあるとして、大きな事故を引き起こす危険性も~

JWLは、国土交通省が定める乗用車用軽合金製ディスクホイールの技術基準なのですが、今回の「BBS」の偽物のホイールは、こうした企画を一切通さずに耐久性や保証等は無視した非常に危険なものとなっています。

なお、詳細なブランド名については公表されていませんが、恐らくはフィンランドのVannetukku社が製造した偽ブランド「BBS(ビー・ビー・エス)」ならぬ「885(ハチ・ハチ・ゴ)」だと思われ、中国などにも広く流通している偽ブランドでもありますが、まさかこれが日本にも一部流通していた可能性があるというのは驚きでしたね。

もちろん、Vannnetukku社がブランド化していた「885」は、消費者を混乱させるだけでなく、BBSブランドの商標を侵害するとして販売停止処分並びに賠償金支払い命令が下されていましたが、もしかするとこのブランドを中国が既に買い占めていた可能性があり、それらを日本にも一部販売していた可能性がありそうですし、「オートウェイ」だけでなく別のホイールショップにも紛れ込んでいる可能性も無きにしも非ずだと思います55。

【「基準に適合」装い安全性に問題あるホイール販売 部品会社の社長ら逮捕】

☆★☆関連記事5選はコチラ!☆★☆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう