これマジ?2020年モデル・(米)ホンダ新型「ヴェゼル(海外名:HR-V)」がアップグレード無し&一部改良無しで”値上げのみ”する模様

~単純に増税感覚での値上げと考えた方が良さそう~

アメリカ市場にて販売されているホンダのサブコンパクトSUVモデル「HR-V(日本名:ヴェゼル)」が、2020年モデルとして11月18日より新しく販売スタートするとのことですが、その変更内容やアップグレードは一切なく、”価格のみ”アップすることが判明しました。

アメリカ市場にて販売されている「HR-V」は、2018年に大幅なアップグレード(ヘッドライトのリフレッシュやバンパー、グリル、テールライトの変更、更にはSport/Touringの内装アップグレード)を施したばかりということで、現時点での重要な変更ポイントはないとのことで、ホンダは”価格の見直し”という目的にて価格アップすることを決定した可能性がありそう(つまり性能やデザインの割に安く販売してしまった)。

スポンサーリンク

~どの程度価格アップするのか?~

ちなみにどれだけの価格アップになるのかということ、「HR-V EX(FF)」が約4.3万円ほど値上がりして約238万円から、新グレードとなる「HR-V Sport」は前輪駆動(FF)モデルが約4.3万円値上がりして約256万円から、四輪駆動(AWD)モデルが約5.4万円値上がりして約272万円からの販売となります。

更に上位グレードとなる「HR-V EX/EX-L」の前輪駆動(FF)が約3.8万円と上げ幅が少なく、四輪駆動(AWD)が約4.9万円の値上げ、そして最上位グレードとなる「HR-V Touring」は四輪駆動(AWD)のみのラインナップとなり、約4.9万円の値上げとなります。

~パワートレインは1択のみ、改めてグレード別の装備内容と価格帯をチェックしておこう~

パワートレインについては、全グレード共通となる排気量1.8L 直列4気筒i-VTECエンジンを搭載し、最高出力141hp/最大トルク172Nmを発揮。
トランスミッションは、6速MTが廃止され、CVTのみがラインナップされるとのこと。

変更点は特に何も無いのですが、Sportグレードに関しては18インチのブラックアウトトリムホイールを装備しており、最上位グレードのTouringでは17インチの専用アルミホイールを装着し、フルLEDヘッドライトやフォグランプ、ダーククロームトリムを標準装備としています。

インテリアにおいても、下位グレードについてはファブリックシートを標準装備していますが、Touringになると8way式電動パワーシートやダブルステッチ付のレザーシートが標準装備となるため、ラグジュアリー性は一気に向上します。

なお、先ほどは一部のみの公開となりましたが、今回のイヤーチェンジによるグレード別の車両本体価格は以下の通りとなっています。

【新型「HR-V」グレード別価格帯一覧】
・LX(FF):約238万円
・LX(AWD):約254万円
・Sport(FF):約256万円
・Sport(AWD):約272万円
・EX(2WD):約272万円
・EX(AWD):約288万円
・EX-L(2WD):約289万円
・EX-L(AWD):約305万円
・Touring w/Navi(AWD):約325万円

☆★☆ホンダ「ヴェゼル/HR-V」関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう