フルモデルチェンジ版・日産の新型「エクストレイル」はこうなる?新型「ジューク」のような顔つきで更に高級感もアップ

~新型「エクストレイル」も「ジューク」のような顔つきになるのは間違いなさそうだ~

2020年夏以降に発売を予定しているフルモデルチェンジ版・日産の新型「エクストレイル(海外名:ローグ)」ですが、これまでに目撃された開発車両をベースに忠実に再現した完成予想レンダリングが公開されています。
今回このレンダリングを作成したのは、ロシアの有名デジタルアーティストのKolesa氏で、過去に新型「ジューク(Nissan Juke)」の予想レンダリングを作成し、見事実車モデルとほぼ同じ完成度に仕上げてきたことでも有名。

早速完成予想レンダリングを見ていくと、新型「エクストレイル」のフロントエンドには、日産の象徴でもあるVモーショングリルがダイナミックに設定され、メッシュグリルはそのまま先代から継承されているように感じられます。

スポンサーリンク

~LEDデイタイムランニングライトとフロントヘッドライトの独立も必須に?~

改めてレンダリング画像を確認していくと、ライト周りについては、新型「ジューク」と同様に釣り目式のLEDデイタイムランニングライトが設定され、同じハウジング内の直下にあるクリアランス部分が点滅式のLEDウィンカーを採用。
その真下には、新型「ジューク」の丸型のハウジング&Y字デザインのLEDフロントヘッドライトとは異なり、スクエア型のLEDフロントヘッドライトを採用していることが確認できます。

またその下にあるフロントロアバンパーやブラックのメリハリを加えたプロテクタパーツのデザインも、非常にアグレッシブでチープさを感じさせないカッコよさがありますね。
足元のアルミホイールは大口径タイプの19インチを装着し、シルバーとブラックの2トーンでダイナミック。

こちらはリヤデザイン。
どことなく新型「ジューク」のデザインを取り入れながらも、現行「キャッシュカイ」のようなエッジの効かせたC字型リヤテールランプに設定。
ウィンカーは豆球式でチープ感はありますが、それ以外のところでは引き締まったボディラインで上手くカバーできているように感じられます。

~ちなみにインテリアデザインはこうなる(予定)~

今回のレンダリングでは公開されていませんが、こちらは過去に登場した開発車両からスパイショットされたインテリア。
メータ類はフルデジタル仕様へと進化し、しっかりとパドルシフトも装備。

センターには大型のインフォテイメントディスプレイをインストール、そしてHVACシステム専用モニターも採用。
また大型インフォテイメントディスプレイの直下には、「進む/戻る/オーディオ/メニュー/マップ/カメラ」といったショートカットスイッチも準備。

ちなみにデジタルメータには、タコメータやスピードメータ、ナビゲーション指示が採用されていることが確認できますね。
ステアリングホイールにも、インフォテイメント用のコントロールスイッチが多数装備されています。

こちらはセンターコンソール部分。
非常にシンプルでスマートなシフトノブを搭載し、その下には電動パーキングブレーキシステムとオートブレーキホールドらしきスイッチが搭載されています。

新型「エクストレイル」のパワートレインについてですが、一部の情報では次世代e-POWERを搭載したハイブリッドシステムがラインナップされる可能性があり、「セレナ/ノート」のような排気量1.2Lエンジンよりも更に排気量を向上させたパワフル且つエコロジーなグレードが登場すると予想されています。

☆★☆「エクストレイル」関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:motor1.com

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう