過激チューナNovitec(ノビテック)が世界限定900台のランボルギーニ「アヴェンタドールSVJ」をカスタム!純正ベースながらも更に空力特性を向上させた充実の一台

~遂にNovitecが「アヴェンタドールSVJ」専用キットを発表だ!~

ランボルギーニのカスタムを得意とするNovitec(ノビテック)が、旋回限定900台販売された「アヴェンタドールSVJ」のカスタムモデルを世界初公開しました。
今回公開されたカスタムモデルは、ニュルブルクリンク市販車最速記録を更新した(現在はポルシェ「911GT2RS」が最速)として、更にその記録の更新が期待できる仕様に仕上げられているとのこと。

スポンサーリンク

~あくまでも純正を崩さないパフォーマンス重視のカスタム~

Novitecの情報によると、更なる空力特性の向上を図るためにカーボンファイバパーツでの風洞試験を行い、純正のボディを極力崩さずに改良しているそうで、エアダクト付トランクリッドやフロントスカートとフラップ、サイドエアインテークパネル、リヤフラップを若干変更しています。

確かに随所にカーボンパーツが追加装備されていることが確認できますし、ボディカラーとのメリハリもしっかりと効いていてヴィジュアル面も改良されているようにも思います。

~足元も社外製ホイールを装着し、車高も下げることでパフォーマンスを向上~

ちなみに足元のホイールも社外製となるフロント20インチ(9J×20)・リヤ21インチ(13J×21)のVossenホイールを装着し、タイヤはフロント255/30・リヤ355/25のPirelli P-Zeroタイヤを装着。
なおホイールリムはブラシ仕上げもしくはポリッシュ仕上げの何れかが可能で、カラーも72色から選択できるとのこと。

足周りについても、Novitecが開発したスプリングキットにより従来よりも35mmもローダウンし、ドライビングの快適性とパフォーマンスを大幅に向上しているそうです(より腹下がガリッとし易くなっている)。

インテリアについては特に大きな変更はありませんが、要望に応じて様々なカスタムが可能になっているとのことで、この辺りは要相談となっているそうです。

~Novitecは見た目を大幅に変更させるエクストリームなワイドボディキットも発表している~

ちなみに個人的にNovitecのカスタムモデルで最も衝撃を受けたのが、マクラーレンのスーパーシリーズでドラッグレースの帝王でもお馴染みの「720S」をベースにした専用ワイドボディキット「Novitec 720S N-Largo」。

マクラーレンのアルティメットシリーズ「マクラーレン・セナ」に近づけるためにカーボンファイバ製フロントエプロンやフロントウィング(エアダクト付)、サイドスカート、リヤウィング、リヤエプロンアクティブリヤスポイラーを装備した過激な一台となっています。

更にはワイドボディ化したことでフロント22mm・リヤ30mmのアルミスペーサを装着することで足元のホイールをツライチに設定。
ホイールの詳細は不明ですが、グロスブラック処理した引き締まりのある大口径ホイールで非常に軽量だとか。

パワートレインは、排気量4.0L V型8気筒ツインターボエンジンをそのままに、インコネルエキゾーストシステムとECUリマップにより、最高出力720ps→806psまで大幅に向上。馬力も「マクラーレン・セナ」に寄せていますね。
このエンジンチューニングにより、パフォーマンス性も大幅に向上し、0-100km/hの加速性能は2.9秒→2.7秒へと短縮され、最高時速は346km/hにまで到達します。

☆★☆Novitec関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう