なぜ日本で発売しない!(米)スバルの2020年モデル・新型「WRX/WRX STI」に特別グレード”シリーズ・ホワイト”が登場!各モデル限定500台のみ、価格は約380万円から

~スバルがまたまたアメリカ市場限定の特別な「WRX」を発表!~

11月20日より開催中のアメリカ・ロサンゼルスオートショー2019にて、(米)スバルがアメリカ市場限定となるスペシャルモデル「WRX STI/WRX」ベースの”シリーズ・ホワイト(Series.White)”を世界初公開しました。

今回発表されたモデルは、これからの雪の季節に最も適した4WDモデルを発表したいという想いから、現行「WRX/WRX STI」のスポーツサスペンションを再調整し、更に豪華なインテリアに設定した、各モデルともにアメリカ限定500台のみ販売されます。

スポンサーリンク

~今回の限定モデルはホワイトのボディカラーしか選べない~

但し、「WRX Series.White/WRX STI Series.White」という名称になっている以上、ボディカラーはセラミックホワイトのみのラインナップとなっています。
そして今回のロサンゼルスオートショー2019でのワールドプレミアと共にオーダーを受け付け、初期ロットモデルは2020年頭頃に順次納車される予定となっています。

今回発表された個体を確認していくと、上の画像の通り「WRX(18インチホイール)/WRX STI(19インチホイール)」でホイールデザインが大きく異なるものの、何れも豪華なマットブロンズ仕上げとなっています。

~各モデルの装備内容をチェックしていこう~

①:「WRX Series.White」

各グレードでの装備内容を確認していくと、「WRX Series.White」では6速MTのみがラインナップされ、ウルトラスエードにてトリミングされたレカロシートや8Way式電動パワーシート(運転席のみ)、ムーンルーフデリート、フロント4ピストン・リヤ2ピストンキャリパーを備えるレッドのブレンボブレーキ、前後にビルシュタインダンパー、ステアリング応答を備えるLEDヘッドライト、フォグランプが全て標準装備されます。

そして、これまでメーカオプション扱いとなっていたパフォーマンスパッケージも標準装備されているとのことで、非常に充実した内容になっていると思われますね。

②:「WRX STI Series.White」

続いてのハイパフォーマンス仕様となる「WRX STI Series.White」では、スタイリングの微調整に加え、桜色のアクセントが入ったメッシュグリル、剛性を高めたステアリングラックマウント、ビルシュタインダンパーを標準装備します。

パフォーマンス面においては、ミシュラン製パイロットスポーツカップ2タイヤを装着し、スペアタイヤの代わりに軽量化のために修理キットをトランクのアンダーに収納しています。

インテリアについては、ホワイトのキャビンを基調とし、ウルトラスエードを活用したインテリアトリム、カーボンブラックの本革クッション、8Way式電動パワーシート(運転席のみ)が標準装備されます。

なお、「WRX Series.White/WRX STI Series.White」の価格ですが、それぞれ約380万円~/約473万円~の販売となります。

☆★☆ロサンゼルスオートショー2019関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:motor1.com

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう