遂に来た!レクサス初の100%電気自動車モデル・新型「UX300e」が中国デビュー!グリルレスではなく敢えてグリルを採用、パドルシフトもアリ!日本での発売は2021年前半を予定【動画有】

~特に何のひねりも無く「UX300e」が登場~

via:https://global.toyota/

本日11月22日より開催中の中国・広州オートショー2019にて、レクサス初の量産車としてラインナップされるフルエレクトリックモデルの新型「UX300e」が世界初公開されました。

レクサスは、10月末に開催された東京モーターショー2019にて、11月末に正式にピュアEVの量産車を発表すると説明し、更に11月初め頃には”ELECTRIC”のバッジが貼付されたティーザー画像を公開しましたが、遂に今回その姿が明らかになりました。

今回公開された新型「UX300e」は、レクサスのエントリークロスオーバーモデル「UX200/UX250h」をベースにした電気自動車仕様ということで、更にはコンパクトクロスオーバー特有の高い利便性と取り回しの高さを活かした、まさにシティカーの先駆的な一台として、中国市場や欧州市場を中心に2020年以降より発売スタートし、更に日本市場での発売は2021年前半ごろを発売する予定とのことです。

スポンサーリンク

~電気自動車特有のグリルレスは敢えて避けた新型「UX300e」~

via:https://global.toyota/

気になる外観についてですが、基本的なデザイン性についてはガソリンタイプやハイブリッドタイプの「UX」と全く変わらずで、それでいて電気自動車特有のグリルレスデザインを採用しない、色んな意味で新しい電気自動車ではないかと思いますね。

プラットフォームとしては、TNGA GA-Cプラットフォームを採用することにより、高い基本性能を更にブラッシュアップするだけでなく、電気自動車本来の強みでもある、電気ユニットを車体アンダーに搭載することで重心をより低くし、シティカーとしての強みだけでなく、スポーティな走りも提供できるように工夫が施されています。

~電気自動車とガソリン自動車の両方を堪能できるダミーサウンドも採用~

via:https://global.toyota/

なお、電気自動車本来の”デメリット”でもあるエキゾーストサウンドを発しないという点においても改良が施され、「アクティブサウンドコントロール(ASC)」を採用することにより、まるでガソリンエンジンモデルに乗っているかのような、ダミーサウンドを提供してくれるところも非常に大きなポイントではないかと思いますね。

via:https://global.toyota/

気になるパワートレインについてですが、リチウムイオンバッテリ容量としては54.3kWhと非常に大きく、後続可能距離は400kmを実現。更にモータによるシステム出力は204ps/最大トルク300Nmと、ターボエンジンの様な中々にトルクフルな走りを提供してくれそうなスペックを発揮していますね。

~インテリアは従来通り、更にパドルシフトも採用!~

via:https://global.toyota/

インテリアレイアウトについてですが、こちらも基本的にはガソリンタイプ/ハイブリッドタイプの「UX」と変わらないものの、まさかのパドルシフトが採用されているのはありがたいところですね(しかもガソリンエンジンのようにエンジンブレーキ風のナチュラルな操作も可能に)。

なお、このモデルの価格帯については明らかにされていませんが、2021年前半ごろ日本市場にて発売されるということであれば、2020年後半ごろには詳細となるグレード構成や価格帯も明らかになると思われるので、詳細が明らかになり次第当ブログでも展開していきたいと思います。

【電動化ビジョン「Lexus Electrified」第1弾となるEVクロスオーバー 「UX300e」を世界初公開】

☆★☆レクサス関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:TOYOTA

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう