2020年モデル・(印)トヨタ新型「ヴェルファイア」の価格帯と発売時期が判明。何と最低でも約1,290万円から、やはり「アルファード」は導入されない模様

~インド市場での新型「ヴェルファイア」の登場はかなり期待されている模様~

インド市場にて発売される予定のトヨタ新型ラグジュアリーピープルムーバ―「ヴェルファイア(Toyota Vellfire)」が、いよいよ2020年春頃に発売スタートすることが判明し、これに加えて競合モデルがメルセデスベンツ「Vクラス」であることや、更には車両本体価格も明らかになりました。

スポンサーリンク

~インド市場では「アルファード」よりも「ヴェルファイア」の方が人気が高い?~

元々インド市場にて導入予定であった新型「アルファード(Alphard)」ですが、明確な理由は不明であるものの、急きょ「ヴェルファイア」へと移行されたそうで、ラグジュアリー志向というよりも派手さとスポーティさを重視して導入されると言われています。

また日本市場では競争が大きく激化している高級ミニバンですが、インド市場では富裕層向けのニッチな製品でもあり、更に今回発表された新型「ヴェルファイア」は、エレガントなスタイルを築くスタンダードボディと、アグレッシブなスタイルを築くエアロボディの2種類がラインナップされることが決定しています。

~価格は高級フラッグシップモデルが購入できる程に高額だ!~

また、トヨタは緩和された公認規則の下で、完成車両(いわゆるCUB形式)をそのままインドに出荷することが決定しているため、関税率の影響はあるものの、それでも約1,290万円~約1,360万円にて販売されるとのことです(日本市場では約338万円から)。

気になるパワートレインについては、インドのBSⅥ規格に準拠したエンジンを搭載するわけではなっく、CVTのトランスミッションと組み合わせた排気量2.5L 2AR-FE製直列4気筒ガソリンエンジン(最高出力182ps/最大トルク235Nm)と、8速ATと組み合わせた排気量3.5L 2GR-FKS製V型6気筒エンジン(最高出力301ps/最大トルク361Nm)をラインナップ。

そしてもう一つがハイブリッド仕様で、こちらは排気量2.5L 2AR-FXE製直列4気筒エンジン+2JM電気モータもしくは2FM電気モータの何れかのハイブリッドシステムから選択が可能で、それぞれの燃費は18.4km/Lと19.4km/Lにまで到達するそうです。

~インド市場でもエグゼクティブラウンジが設定される模様。但しロイヤルラウンジは設定無し~

そのほかのポイントとしては、「アルファード/ヴェルファイア」にて設定されている”エグゼクティブラウンジ”が、グレードではなくメーカオプションパッケージとして販売されるそうで、2列目のキャプテンシートやオットマン&リクライニング機能、3ゾーンオートエアコンシステム、ムードライト、トレイテーブルといったおもてなし仕様も準備しているとのことですが、恐らくこのオプションを設定するだけで普通に1,500万円以上になるでしょうね。

また安全装備については、7つのエアバッグやマルチカラーアンビエントライト、インディヴィジュアルシートテーブル、Black/Flaxeインテリアも標準装備されています。

☆★☆インド市場専用の新型「ヴェルファイア」関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:AUTOCAR_India

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう