フルモデルチェンジ版・日産の新型「エクストレイル(海外名:ローグ)」はこうなる?競合はやはりトヨタ新型「RAV4(プライム)」か

~とりあえずこのままで市販化しても十分売れると思うのだが…~

日産が2020年度より、新型車となる5車種前後を連続投入することを明らかにしましたが、その中の1台として2020年夏ごろに登場することが予定されている同社の主要モデル・新型「エクストレイル(海外名:ローグ)」。

既に開発車両も何度かスパイショットされており、開発車両をベースにした完成予想レンダリングも公開されていますが、今回も自動車ニュースサイトCARSCOOPSより、フルモデルチェンジ版・新型「エクストレイル(Nissan X-Trail)」の完成予想レンダリングが公開されています。

今回公開されているレンダリングを見ていくと、やはりフロントマスクのベースとなるのは新型「ジューク(Juke)」になると考えられ、フロント上部には釣り目のようなLEDデイタイムランニングライトが搭載され、その下のクリアランス部分には点滅もしくは流れるタイプのシーケンシャルウィンカーが設定される可能性が高そう。

更にその下を見ていくと、長方形のスプリットヘッドライトセットアップが確認でき、「ジューク」のY字型&丸型ハウジングのヘッドライトとは異なる、兄貴分らしいデザインに仕上げられていますし、十分このデザインで登場してもおかしく無さそうです。

スポンサーリンク

~リヤデザインやインテリアも改めて見直していこう~

リヤデザインは確認できないものの、これまで目撃されてきた開発車両を確認していくと、非常にワイドなブーメラン形状のリヤテールランプが採用されると思われ、両サイド1本だしとなるデュアルエキゾーストシステムが搭載されることが確認できますね。

インテリアも現時点では開発車両のスパイショットのみとなっていますが、内ドアパネルやダッシュボードにはハードプラスチックを採用している可能性が高いとのことで、しかしグレードによっては本革ステアリングや合成皮革トリムを採用することも十分に考えられそうです。

こちらは運転席側のインフォテイメントディスプレイ。
メータ類は全てデジタルになり、デジタルタコメータがあることからガソリンタイプだと思われるものの、日本市場ではe-POWERもラインナップする予定とのことで、何よりも競合モデルとなるトヨタ新型「RAV4」にPHV(プラグインハイブリッド)仕様が2020年夏ごろよりラインナップされるので、これに対抗するパワートレインをラインナップすることは確実だと思われます。

こちらは大型のタブレットスタイルとなるナビゲーションディスプレイ。
WiFiとスマートフォンを統合しながらも、カメラモードやマップ、メニューといった様々な機能を共有することが可能に。

安全装備については、プロパイロット(ProPILOT)システムがアップグレードされ、歩行者・サイクリストの検出や、車線維持支援、リヤクロストラフィックアラート、交通認識標識、ブラインドスポットモニタ等も搭載予定となっています。

センターシフトノブ周りはこんな感じ。
しっかりと電動パーキングブレーキとオートブレーキホールドも搭載されていることが確認できます。

~日本仕様や海外仕様含め複数のエンジンがラインナップ予定~

気になるパワートレインについてですが、新開発となる排気量2.0L 直列4気筒ターボエンジンや排気量2.5L 直列4気筒自然吸気エンジン、その他にもe-POWERを組合わせたハイブリッド仕様もラインナップされる予定となっています。

また新型「エクストレイル」では、ルノー・日産・三菱アライアンスが共有する次世代プラットフォーム(2020年夏ごろに登場予定となる三菱・新型「アウトランダー」とも共有)を搭載し、電気モータのみで航続可能距離70kmを実現するプラグインハイブリッドも採用する予定となっているそうです。

競合モデルとしては、トヨタ新型「RAV4」やフォード「エスケープ」、ホンダ「CR-V」、シボレー「イクイノックス」、スバル「フォレスター」、ジープ「チェロキー」、マツダ「CX-5」が対象になるとのこと。

☆★☆「エクストレイル」関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう