前澤友作 氏もオーダーしたメルセデスベンツ「AMG One」が2021年より出荷開始する模様。当初の計画よりも2年も遅れることに

~やはり公道車両にF1エンジンを搭載することはそう簡単なことではない~

メルセデスベンツが世界限定275台のみ販売したスペシャル限定モデル「AMG One(Mercedes AMG One)」ですが、2017年に世界初公開され、2019年には生産スタートする予定だったものの、低排気量のF1エンジンを搭載することによる大きな問題により2年近く遅れが生じ、結果として2021年より初期ロットモデルがオーナーへと出荷・納車されることが、AMGの製品管理及びグローバル販売のボスであるMichael Knoller氏の説明より明らかとなりました。

スポンサーリンク

~改めて「AMG One」の抱えていた問題をおさらいしておこう~

先日より開催のアメリカ・ロサンゼルスオートショー2019にて、Michael Knoller氏によれば、既に顧客には2021年に出荷することを連絡済みで、以前より懸念されていた以下2つの問題については既に解決の方向に進んでいるとのこと。

以前より懸念されていたF1エンジン搭載による問題点としては、アイドリング状態時に通常5,000rpmの回転数となるため、公道仕様とするには1,200rpmに抑えることが必要となり、これにより排出ガス規制及びノイズ規制を何とかクリアすることが必要となります。

そしてもう一つの問題が、このモデルの開発で最も苦労しているF1エンジンの起動方法で、従来のF1カーでは外部スターターモータを使用して起動させているものの、これを「AMG One」に適用させるのは実用的ではないとして、オーダーメイドのスターターモータを開発することで何とかクリアするとのこと。

ちなみに、これはもう問題点として挙げる必要性が無くなったのかはわかりませんが(っというか割り切った?)、エンジンの開発コストはとんでもなく高額であるということ。
現代のF1エンジンには、公道モデルには無いとんでもないパフォーマンスと技術が搭載されていますが、その一方でエンジンの開発費用には約8.6億円も掛かっているとのことで、これを搭載した個体を否が応でも約3億円にて販売しなければならないので、相当なコストカットに力を入れなければいけないのでしょうね(この時点で「AMG One」を売れば売るほど赤字になることがわかる)。

~公道に立てば確実に市販車最速を目指せる~

こうした問題を何とか乗り越え、世界限定275台のみ販売することを実現する「AMG One」。
気になるパワートレインは、F1技術を採用した排気量1.6L V型6気筒ターボチャージャーエンジン+電気モータのプラグインハイブリッド(PHV)を採用し、システム総出力は1,000ps超えとなっています。

オールEVだけでの走行であれば、フル充電の状態から約25km走行可能で(ガソリンの走行距離分はもちろん別)、これだけのハイパワーな出力を得ながらも20km超えのシステムを搭載するのは、かなりの技術であると称賛されています。
直線性のパフォーマンスとしては、0-200km/hの加速時間が6秒以下で、最高時速は350km/h以上となっていますが、この辺りについては正式な市販モデルが登場した際に多少の変更があるかもしれません。

☆★☆「AMG One」関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:motor1.com

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう