【価格は150万円から?】フルモデルチェンジ版・ホンダ新型「フィット4」はほぼボディサイズ変更なし?ハイブリッドエンジンも2.5リッターNA並みのトルクを得るとの噂も浮上

~新型「フィット4」はフルモデルチェンジというよりも、ビッグマイナーチェンジに近い内容なのかもしれない~

2020年2月より発売する予定のホンダのフルモデルチェンジ版・新型「フィット4(Honda FIT4)」ですが、このモデルの予想される主要緒元や新開発ハイブリッドシステム「e:HEV」搭載でのエンジン出力、そして価格帯が公開されています。

スポンサーリンク

~プラットフォームは現行モデルより流用。但し足回りも大幅に改良へ~

自動車情報誌ベストカーの情報によると、新型「フィット4」に設定されるであろうボディサイズは全長4,050mm×全幅1,695mm×全高1,520mm、ホイールベース2,530mmになるとのことで、現行「フィット3」でも最も大きいとされるHYBRID S Honda SENSINGよりも全長+5mm長く、全幅は変更無し、そして全高はFFモデルよりもー5mm低いスポーティなスタイリングとなることが予想されています。

なお、ホイールベースが変更されていないのは、今回の新型「フィット4」はフルモデルチェンジと言いながらもプラットフォームは流用され、大きく変更されるのは足回りの新開発サスペンションがインストールされるといったところであり、適度な柔らかさと快適な乗り心地を提供したモデルになると言われています(実際に担当ホンダ・セールスさんが試乗した際にも、ガッチリしたようなカタさはなかったと説明している)。

~ホイールサイズの規格は特に変更なし。気になるエンジンスペックは?~

また足元のホイールサイズ規格についても変更はなく、BASIC(ベーシック)/HOME(ホーム)に装着されるスチールホイールは15インチ×6J(タイヤ規格は185/60R15)で、NESS(ネス)/CROSSTAR(クロスター)/LUXE(リュクス)は各グレードでデザインが異なる16インチ×6J(タイヤ規格は185/55R16)となっています。

またパワートレインについても、今回の新型では排気量1.3L 直列4気筒i-VTEC自然吸気エンジンを搭載するガソリンモデルと、排気量1.5L 直列4気筒i-VTEC自然吸気エンジン+デュアルモータを組合わせたe:HEV(ハイブリッド)モデルの2種類がラインナップされ、特にハイブリッドモデルについては、(ベストカーの情報によれば)排気量2.5L NA級のパワーを持つとのことで、システム総出力153ps/最大トルク267Nmを発揮するトルクフルな一台になるそうです。

~価格は前代未聞となる現行モデルよりもプライスダウン?!~

最後に予想される価格帯についてですが、これもベストカーが予想した内容になるものの、ハイブリッド仕様であれば150万円~225万円になるだろうとのことで、これが前輪駆動(FF)モデルだけを指しているのかはわからないものの、もし四輪駆動も含んでいるのであれば、現行モデルよりもかなり値下げするレベルになるため、何とも参考にするには無理がある内容にも思えますね。

ちなみに新型「フィット4」のグレード別価格帯は、2019年12月末頃に明らかになるとのことなので、当ブログでも情報が明らかになり次第、すぐに見積もり内容含め情報展開していきますので、検討されている方は是非とも参考にしていただけたらと思います。

☆★☆ホンダ新型「フィット4」関連記事5選はコチラ!☆★☆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう