【実車かなりイケてる!】マイナーチェンジ版・ホンダ新型「シビック・ハッチバック」最上位グレード”RS”の実車が世界初公開!残念ながら6速MTの設定無し【動画有】

2019-11-30

~実車のRSは更にインパクト大でカッコ良さが際立っているぞ!~

2019年11月初め頃、フィリピン市場向けに発表されたマイナーチェンジ版・ホンダ新型「シビック・ハッチバック(Honda Civic Hatchback)」の最上位グレードとなる”RS”が発表されましたが、遂にこのモデルが先日より開催中のタイモーターエキスポ2019にて実車が初公開されました。

今回発表された個体は、RSグレード専用のソニックグレーパールミルクグレーと呼ばれる新色のボディカラーに身を纏い、フロント・リヤバンパーは新デザイン、フルLEDヘッドライトやLEDデイタイムランニングライト、オートヘッドライト、LEDフロントフォグランプ、LEDテールランプ、RS専用ボディキットや17インチ専用アルミホイール(215/50 R17タイヤ)、ドアハンドルにはブラックペイント処理、自動格納式ドアサイドミラーが標準装備されています。

スポンサーリンク

~リヤデザインは「シビック・タイプR」並みの迫力~

その他については、フロントフォグライト周りやリヤバンパーベゼルには滑らかなL字形状のスタイリングブレードが追加され、更にシンプルなグリルビームとエアインテークを採用しています(リヤデザインだけを見ると「シビック・タイプR」並みに過激に見える…)。

~インテリアも非常にスポーティでありながらもシンプル~

インテリアはこんな感じ。
スポーツアクセル・ブレーキペダルの標準採用や、Android Auto/Apple CarPlayを搭載する7インチオーディオディスプレイへの変更(キーパッドの追加)、Honda CONNECT、自動空調制御ユニット並びにレイアウト変更、レザーシートにレッドのカラードステッチ追加、ブラインドビューカメラ、Honda SENSINGが追加されます。
もちろんその他にも、電動パーキングブレーキやオートブレーキホールドも標準装備されています。

気になるパワートレインについてですが、排気量1.5L 直列4気筒VTECターボエンジンを搭載し、最高出力173hp/5,500rpm、最大トルク220Nm/1,700rpm~5,500rpmを発揮。
なおトランスミッションはCVTのみとなり、かなり期待されていた6速MTは一切ラインナップされることもなければ、今後追加されることもないそうです。

既に受注も受け付けている新型「シビック・ハッチバックRS」ですが、車両本体価格は約442万円からとのことで、日本市場でいえば「シビック・タイプR」とほぼほぼ同じ価格帯となりますね。

【New Honda Civic Hatchback (Full Version)】

☆★☆「シビック」関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:KEYAUTO.MY

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう