ジャガーやっちゃった…マイナーチェンジ版・新型「Fタイプ(F-TYPE)」が発表前に完全リーク。どことなくアウディっぽい細目のヘッドライト採用で一気にアグレッシブに

~まさかジャガーまでもリークしてしまうとは…~

2019年12月2日に世界初公開される予定のマイナーチェンジ版・ジャガー新型「Fタイプ(Jaguar F-TYPE)」ですが、このモデルのクーペ版とコンバーチブル版が複数のメディアによって完全リーク。

今回のマイナーチェンジにより、フロントヘッドライトが奥行きのある丸っこいデザインから、完全に釣り上げ式且つ細目タイプのアグレッシブスタイルへと大胆に変更。
更にはフロントグリルも大口化され、その隣にあるフロントインテークもかなり大口化となっているため、ブラックの占有率が高くなり一気に引き締まった印象を受けますね。

おそらくデザインベースは「XE/XJ」辺りではないか?とも思いますが、全体的に見てみるとどことなくアウディっぽいデザインに見えるのも面白いところです。

スポンサーリンク

~見れば見る程アウディっぽい雰囲気を持つ新型「Fタイプ」~

この角度から見ると尚のことアウディっぽい印象を受ける新型「Fタイプ」。
足もとの大口径アルミホイールも社外製っぽい雰囲気を持たせていますが、これで純正というのもかなり完成度を高めてきていますね。
今回のマイナーチェンジ版によって、高級感はもちろんのこと、スポーティ感も一気に向上させて、よりスーパースポーツモデルらしい雰囲気に仕上がっています。

リヤデザインは特に大きな変化は有りませんが、リヤディフューザーは微妙に調整され、両サイド2本だしのクワッドエキゾーストシステムも非常にシャープな印象を受けます。

そしてこちらはコンバーチブルモデル。
なお、今回のリーク画像ではインテリアの確認はできなかったものの、現行「XE」にて使用される新しいデジタルインストルメントパネルや、最新機能満載のインフォテイメントシステム、微調整されたスイッチギアが追加されるといった情報が入っているとのこと。

パワートレインについては、BMW製V型8気筒エンジンが搭載される?との噂がありましたが、今回のマイナーチェンジではそういったエンジンが搭載される可能性は限りなく低く、現在の4気筒エンジンや直列6気筒ターボチャージャーエンジンが採用のではないか?とのことです。

☆★☆「F-TYPE」関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう