フルモデルチェンジ版・ホンダ新型「N-WGN/N-WGN Custom」がようやく2019年12月より出荷開始する模様。電動パーキングブレーキの問題も何とか解決したそうだが…?

~ようやく新型「N-WGN」に光が見て来たか~

さて、何かと話題の尽きないホンダのフルモデルチェンジ版・新型「N-WGN/N-WGN Custom」ですが、2019年10月末の時点では電動パーキングブレーキの不具合により、販売・出荷停止ということで、全く納期の目途もたっていない状態でしたが、つい先日ホンダディーラに訪問したところ、何とか電動パーキングブレーキの不具合が解決の方向に進んだそうで、これまで問題視されていたグリース漏れや後輪のリヤドラム割れも何とか解消できたそうです。

これにより、12月(具体的な日程は不明)よりようやく出荷再開が可能となり、加えて生産・販売もスタートするとのことですが、既に納車されているものや市場に出回っているものに関しては特に回収することなく、そのまま継続して乗っていただく考えを示しているそうです。

スポンサーリンク

~対策品に交換できていない納車済みのモデルはリコールで対応する?~

正直これについてはユーザーからもかなりの賛否があるのことで、納車後しばらくして電動パーキングブレーキに不具合が生じたらリコールもしくは改善対策等で無償修理を施すかもしれないものの、現実問題として「何かあってからでは遅い」わけで、電動パーキングブレーキが問題で事故が発生するようであれば、ホンダのイメージが良くない方向に進むだけですから、この辺りの対応は今一度メーカにとってもユーザーにとってもベストな策を考えて欲しいところですね(これではホンダが売りっ放しメーカとしてのイメージが付いてしまう恐れも)。

また納期の件についても、12月にオーダーを入れると最速でも2020年2月以降になってしまうとのことで、既に出荷停止分となっている約5,000台分やこれから生産を進めていかなければならない約20,000台分も全く対処できていないので、この年末は色んな意味でバタバタしてくるのではないかと思いますね。

~新型「フィット4」は今のところ順調のようだが…?~

一方で2020年2月に発売予定となっていたフルモデルチェンジ版・新型「フィット4(Honda FIT4)」ですが、これについてはリヤブレーキをディスクに改良したことで問題点も何とかクリアできているとのことで(一時期ヤバかったそうですが…)、2019年11月29日時点では2020年2月中に何とか市販化には間に合うとのことでした。

そして私が先行にて予約している上位グレードLUXE(4WD)についても、この調子で行けば2月末までには何とか納車可能とのことですから、この辺りは少し期待しつつも気長に待っていたいと思います(また発売延期がアナウンスされたときの落胆がスゴイので…)。

☆★☆ホンダ新型「N-WGN/N-WGN Custom」関連記事5選はコチラ!☆★☆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう