ゴールド仕上げのアキュラ(ホンダ)「TLX」にBBSゴールドホイール装着&シャコタンにしてみた。もはやラグジュアリーモデルとはかけ離れた族車仕様に

~これまた珍しい「TLX」の族車仕様が実車として登場!~

ホンダの高級ブランド・アキュラより発売されたセダン「TLX」をベースに、シャコタン並びに社外製アルミホイールを装着したゴリゴリのカスタムモデルが登場。

今回このモデルを公開したのは、アメリカ・ニューヨークの人気カースポッターであるチコ・リッキー氏となりますが、今にもフロントバンパーがもげてしまいそうな程にギリギリまでローダウンされ、更には過激なフルエアロキット、鬼キャン寸前までキャンバー角が設けられたBBS製のゴールドアルミホイールを装着しています。

スポンサーリンク

~ラグジュアリーモデルのシャコタン仕様も今後のトレンドになりそうだ~

砂浜を走行するゴリゴリ族車仕様の「TLX」。
2019年は何かとトレンドの一つとして挙げられたシャコタン&鬼キャン仕様のカスタムモデルやレンダリングデザインですが、まさかラグジュアリーブランドのアキュラでもこういった過激カスタムを施すユーザーが登場するとは…若干ではありますが、ゴールドのボディカラーと砂浜の背景とそれとなく同化しているところもユニーク。

足もとのBBS製アルミホイールはマルチスポークタイプとなりますが、ちょっとした段差でホイールリムとフェンダーが接触してしまいそうな程にギリギリまで攻め込んだローダウン仕様となっていますが、そもそもホイールがフェンダーからはみ出ているのはちょっと残念。

ちなみにアメリカ市場においても、映画「ワイルド・スピード」等の影響があってか、改造車やカスタムカーが軒並みふえるようになり、こうした族車仕様もリバーティウォークの影響もあって高い人気を得ているとのこと。
「TLX」のカスタムモデルはかなり珍しいとは思いますが、今後こうしたラグジュアリーモデルのカスタムモデルも続々と登場してくるのではないかと思いますね。

☆★☆レンダリング関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:autoevolution

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう