車を買うときは車種やスペックよりも”営業さんの人柄”で買うべきと痛感。なぜそう思ったのか、そうすべきであると心に決めた理由を書いてみる

~どんなに車の性能や魅力が高くても、その営業さんの魅力が無ければ購入の対象には入らない~

車を購入するにあたって、私が最も重要視しているのは車のデザインやスペック、価格帯よりも”そのディーラのセールスさんの人柄”で購入するかしないかを決めているのですが、今回それを改めて痛感することがあったので簡単に記載したいと思います。

私が2017年の夏ごろに先行オーダーしたレクサスのサブコンパクトSUVモデル「NX300h F SPORT」ですが、このモデルを購入する前にはエントリーモデルとなる「CT200h F SPORT」を所有していて、車検のタイミングで乗り換えようと決めていました。

走行距離も僅か3年間で17万kmを超えていましたし、消耗品の交換ボリュームが多いことや買取価格が予想以上に高くついたということもあって、買い替えを積極的に考えていた中で、元々は購入する予定の無かったマイナーチェンジ後の「NX」を購入することになりました。

スポンサーリンク

~高い買い物をするにあたっては、自分が信頼しているセールスさんのもとで”安心して”購入したい~

これは本当に全く購入する気も無かったのですが、私が当時お世話になっていたレクサス(宝塚)ディーラの担当者Sさんの人柄が非常に良かったこともあったため、「この人なら2台目もレクサスを買いたい」と考えていました。
そのため、まだ車検が半年以上も残っているにも関わらず、2017年7月時点でディーラ一番で先行オーダーを掛け、2018年3月末の「CT」の車検のタイミングで納車して頂くように調整していただきました。

こうしたこともあって、私自身はディーラさんとの付き合いは非常に大事であるとも感じていますし、たった一人のセールスさんの接し方で何百万円ものお金が動き、そのお金が誰かの給料になることを考えると、最も気持ちよく購入したいと考えるなれば、「気に入っているセールスさん」のもとで契約したいというのは、結構誰しもあるとは思うんですよね。

~やむを得ない理由でレクサスディーラを変更することは私にとって大きな失敗だった~

そして私は、2018年3月末に「NX」を納車完了するのですが、仕事の関係で既に引っ越しをしていたため、距離の関係(高速を利用しても3時間以上かかる)もあってレクサスディーラを移管することになりました。

これは正直やむを得ないことであり、私自身もかなり考えた結果ではあるのですが、時間や諸々のことを考えると近場の方が手っ取り早いですし、何よりも品質や接客を重要視しているレクサスディーラであれば大丈夫!という甘い考えでいました。

確かにその考えは想像以上に甘く、今思えば移管しなきゃよかったと後悔するばかり。
現在のディーラ・セールスさんは、定期(法定)点検の予約をしたにも関わらず予約ができていなかったり(予約希望の日に点検ができなかった)、シートベルトが上手く差し込めないので、この辺りもチェックしてほしいと依頼したにも関わらずメカニックさんに伝達していなかったり…終いにはメールの返信や折り返しの電話も無いなど、とにかく抜けが多いんです。
これについては何度か指摘させていただいたのですが、特に改善されることもありませんでした。

結局法定点検は、期日のギリギリ数日前に何とか完了することができましたが、こういったことは移管前のディーラでは全く無かっただけに、非常に残念に思うばかりでした。

レクサスディーラでは、購入後のアフターフォローやサービスにもかなり力を入れているとは常々聞いていたので、その点については移管前のディーラではしっかりと実感していましたが、現在のディーラではそういったフォローが無く、こちらから連絡しない限り何もアクションをしてくれないというのは非常に残念でしかなりません。

~改めて車を購入する上で担当セールスさんの魅力や対応力は重要であると痛感~

今回これを指摘させて頂いたのは、とあることがきっかけで「このディーラには不信感しかない」と思ったため記載致しましたが、次の購入を検討している新型「RX」は、こちらのディーラで購入することはないと既にGMさんにはお伝えしておりますし、それについてはGMさんもご理解いただいてます。

かなり長々となってしまいましたが、改めて車を購入する上で、担当セールスさんの人柄はもちろんのこと、その対応力もかなり重要であることを痛感した次第です。

☆★☆関連記事5選はコチラ!☆★☆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう