まさに贅の極み!ホンダ新型「CR-V」の兄弟車種・中国専売モデル「ブリーズ」がデビュー。グレードは全部3種類で価格は約263万円から

~改めて中国専売モデルにしておくのは勿体ない一台だ~

ホンダのマイナーチェンジ版・新型「CR-V」をベースにした兄弟車種で、中国専売モデルとして登場した新型「ブリーズ(Honda Breeze)」ですが、このモデルにてラインナップされるスポーツ・ターボ/スポーツ・ハイブリッドが正式デビューを果たしました。

今回発表された新型「ブリーズ」は、大型且つ室内の居住空間を重要視する中国ユーザー向けに発売された一台で、グレードとしてはスポーツ・ターボ/スポーツ・ハイブリッド/ブラックエディションの3種類をラインナップし、価格帯としては約263万円からとリーズナブルな価格設定となっています。

スポンサーリンク

~ロングホイールベースモデルを好む中国ユーザーのために作られた一台~

新型「ブリーズ」は、ホンダ最新のファミリーデザイン言語を上手く継承しており、全体的なスタイリングやデザインは「CR-V」と共有しながらも、クロームパーツやアグレッシブなフロントヘッドライト等を採用することでスポーティ且つ高級感を演出しています。

ボディサイズとしては、全長4,634mm×全幅1,855mm×全高1,689mm、ホイールベース2,661mmと非常に大柄で、おまけにホイールベースを延長することで後席の足元のスペースを確保。こうしたところは中国人の非常に好むポイントだそうです(とりあえず何かとロングホイールベースモデルを発表したがる)。

リヤデザインは何かと賛否両論ありますが、個人的には細くてスタイリッシュなリヤテールランプは結構お気に入り。
さすがに流れるタイプのシーケンシャルウィンカーは採用していませんが、シームレスな一本のリヤテールランプは珍しいのではないかと思います。

そのほかの装備内容としては、LEDストリーマーヘッドライトや19インチアルミホイール、キック式電動テールゲート、ワイヤレス充電機能、第二世代Honda SENSING等が全て標準装備となっています(これだけでも十分豪華)。

~上位グレードのブラックエディションも大人気!~

なお、今回はデビューしていませんがブラックエディションについては、ブラックボディキットや19インチのフルブラックホイール、専用ロゴが貼付される等、更なるスペシャリティモデルとしてラインナップされ、既に数多くのユーザーが先行予約を入れているとのこと。

最後にパワートレインについては、スポーツ・ターボグレードは排気量1.5L 直列4気筒ターボエンジン(最高出力193ps/最大トルク243Nm)を搭載し、スポーツ・ハイブリッドグレードは排気量2.0L 直列4気筒i-VTECエンジン+電気モータを組合わせたi-MMDハイブリッドシステム(システム総出力215ps/最大トルク315Nm)を搭載します。
駆動方式は前輪駆動(FF)/四輪駆動(AWD)の何れかから選択が可能となっています。

☆★☆「ブリーズ」関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:KEYAUTO.MY

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう