フルモデルチェンジ版・BMW新型「2シリーズ・アクティブツアラー」の開発車両をキャッチ!キドニーグリルはやはり巨大化?インテリアも明らかに!

~とりあえずBMWはキドニーグリルを大口化したいようだ~

BMWは先日、新型「2シリーズ・グランクーペ(BMW 2 Series Gran Coupe)」を発表したばかりですが、今回はファミリー向けモデルとなる新型MPV「2シリーズ・アクティブツアラー(2 Series Active Tourer)」と思われる開発車両が目撃されています。

今回目撃されている開発車両をチェックしていくと、ボディ全体がかなり分厚いカモフラージュにて施されているものの、フロントマスクは現行に比べてアグレッシブでスポーティなデザインを得ることは間違いなさそうで、そして最も気になっていたキドニーグリルは大口化する可能性が高そうですね。

スポンサーリンク

~なぜか定番となっているクーペ&クロスオーバー化の引き締まったボディに~

こちらはフロントプロファイル。
スタイリングとしては、MPVというよりもクロスオーバーやSUVに近いものがありますが、若干クーペ風のスタイリッシュなボディとなることで、車内の居住空間がどれだけ変化してくるのかが気になるところです。

こちらはサイドからのスタイリング。
ルーフからリヤハッチにかけて若干下っていくようなボディラインと、ドアマウントミラー、そして新しいデザインのドアハンドルを採用しています。

リヤデザインはこんな感じ。
角張った印象のショルダーラインや、後方視認性がちょっと悪そうなリヤハッチガラスが確認できます。
なおリヤテールライトについては一部のみとなっていますが、ワイドなハウジングを得る可能性が高そうですね。

~インテリアデザインは先進性を考慮、気になるパワートレインは?~

そしてここからは初めてのインテリア。
何とiNextコンセプトからインスパイアされたデュアルディスプレイが設定され、更にはインフォテイメントシステムもかなりワイドなスクリーンとなっていますし、その隣のデジタルインストルメントクラスターも大きくて見やすそう。

その他にはセンタースタックやセンターコンソール等も確認できますが、ギアセレクターは非常にコンパクトに見えます。
角度のあるアームレストやメタルアクセントが付いたドアパネルも確認でき、ある程度の高級感を加味していることがわかります。

最後に気になるエンジンラインナップについてですが、基本的にはガソリン/ディーゼル/PHV(プラグインハイブリッド)の3種類がラインナップされることが予想。

具体的には、PHVモデルを除いて排気量1.5L 直列3気筒ターボチャージャーエンジン(最高出力140ps)や、排気量1.5L 直列3気筒ディーゼルエンジン(最高出力116ps)、そして排気量2.0L 直列4気筒ディーゼルエンジン(150ps/190ps)と予想されています。

☆★☆「2シリーズ」関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう