【価格は203.1万円から】マイナーチェンジ版・ホンダ新型「S660」に関する話をディーラにて聞いてきた!発表は2020年1月10日、何と特別仕様のモデューロXも発売へ!

~遂に「S660」が2020年1月にマイナーチェンジへ~

ホンダのオープン軽スポーツモデルとなる「S660」が、いよいよ2020年1月10日にマイナーチェンジ版として発表され、同年1月31日に発売スタートすることがわかりました。
先日、いつもお世話になっているホンダディーラにて取材させて頂いたところ、マイナーチェンジに関する内容やグレード別の価格帯について確認してきましたので、早速公開していきたいと思います。

ちなみに現行モデル(マイナーチェンジ前)の「S660」は既にオーダーの受付が終了しているとのことで、現在は新型の見積もりが取得可能になっています。

そして今回の新型「S660」では、外観の一部変更に加え、内装の質感向上、更には2021年以降より義務化される自動ブレーキの標準装備化に伴い、自動緊急ブレーキシステムとなる「シティブレーキアクティブシステム」が標準装備されるとのこと(Honda SENSINGの標準装備については今のところ不明)。

スポンサーリンク

~今回のマイナーチェンジ内容を見ていこう~

①:エクステリア(外観)デザインについて

まずは外観についてですが、フロントヘッドライトのデザインに若干の変更が入るとのことで、メッキデザインがダークメッキのように引き締まった顔つきになるとのこと。

更にリヤテールランプについても、赤色系から若干暗め(どちらかというと透明に近い?)になるとのことで、フロント・リヤともに立体感のあるデザインへと変更されるそうです。

その他については、フロントグリルのメッキ部分がダークメッキ調へと変更され、フロントエンドのグリル面積が拡大したかのように見せることでスポーティさを強調、更にはAピラーもブラックペイントからボディカラー同色に変更するなど、結構細かい部分において変更が入るとのことです(ディーラにはモノクロのMC後の写真がありましたが撮影NGなので画像公開はできません)。

②:足元やインテリア(内装)デザインについて

更に足元のホイールデザインについては、現行16インチのスパイラルデザインホイールから、シングル5スポークタイプへと変更され、シンプルでありながらもスポーティな印象を受けるデザインへと改良(これはシンプルにカッコいいと思った)。

そしてインテリアデザインについてですが、上位グレードとなるα(アルファ)グレードにおいてはシートヒータが標準装備され、更に上質感を加味したレザーシートに加え、ステアリングホイールとセンターシフトノブについては、レザー並びにアルカンターラのバイマテリアルを採用することで高級感がアップしているとのことです。

~何とモデューロXも発売が決定!気になるグレード別の価格帯は?~

そして最後にグレード別価格帯についてですが、その前に今回のマイナーチェンジのタイミングに併せて「α(アルファ)/β(ベータ)」に加え、特別仕様車としてモデューロX(Modulo X)もラインナップされることが決定しています。特別装備が多数設定されているので、価格もかなり高額になっています。
気になるグレード別価格帯は以下の通りなりますが、基本的にはMTもCVTも価格は同じになります。

【新型「S660」グレード別価格帯一覧(10%込み)】
・β[MT/CVT](ディスプレイ無し):2,031,700円
・β[MT/CVT](センターディスプレイ有り):2,119,700円

・α[MT/CVT](ナビパッケージ付):2,321,000円
・α[MT/CVT](センターディスプレイ有り):2,370,500円

・モデューロX[MT/CVT](ナビパッケージ付):3,042,600円
・モデューロX[MT/CVT](センターディスプレイ有り):3,092,100円

☆★☆「S660」関連記事5選はコチラ!☆★☆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう