【2019年版】トヨタは合計約104万台もリコールを届け出ていた!主要モデルとなる「アルファード/ヴェルファイア/ハイエース/プリウス」等、どんなリコール内容か見てみよう

2019-12-06

~2019年もとにかくリコールが多かった~

2019年も残すところ僅かとなりましたが、自動車メーカが日々頭を悩ませているのがリコール問題。
決してネガティブなものではなく、何か問題が発生する前(発生した後)に対策品や改良を施すことでトラブルを防ぐ重要なものとなっていますが、もちろん対象台数やリコール内容が大がかりになればなるほど、無償修理となる分自社負担も大きくなっていきます。

今回は、トヨタが2019年に発令したリコール内容をまとめて見ていきたいと思いますが、今年トヨタが届け出たリコール台数は約104万台と非常に多く、未だリコール対応が間に合っていないものも多く存在しています。
しかもこの中には、改善対策やサービスキャンペーンは含めていないため、それらを含めると110万台以上は超えてくるのではないかと思いますね。

そして個人的に注目しているリコール届出に至る上での、不具合の情報源についてですが、トヨタについてはメーカ(もしくは仕入れ先)からではなく市場から得られた情報の方が多く、不具合に対する危険意識が少し低いようにも感じる?というのが正直なところだったりしますね。

ちなみに以下は、2019年に発令されたリコール情報まとめとなりますが、その中には主要モデルとなる「アルファード/ヴェルファイア/ハイエース/プリウス」等も多く含まれており、やはり売れているモデルほどリコールの台数も多くなっていることも確認できます。

スポンサーリンク

~2019年にトヨタが発令したリコール内容を見ていこう~

①:エアバッグのリコール

リコール対象モデル:「プロボックス/レクサスISシリーズ」
リコール内容:タカタ製エアバッグのインフレータ―に関する不具合

▽▼▽関連記事▽▼▽

②:リヤプライバシーガラスのリコール

リコール対象モデル:「ヴィッツ」
リコール内容:プライバシーガラスに不具合

▽▼▽関連記事▽▼▽

③:カウルルーバーの構造に関するリコール

リコール対象モデル:「シエンタ・ハイブリッド」
リコール内容:エンジンルーム後部に取付けているカウルルーバの防水構造

▽▼▽関連記事▽▼▽

④:DC-DCコンバータ関するリコール

 

リコール対象モデル:「アクア/カローラ・アクシオ/カローラ・フィールダー/シエンタ/ヴィッツ/ジャパン・タクシー」
リコール内容:電圧変換装置(DC-DCコンバータ)において生産設備の管理が不適切

▽▼▽関連記事▽▼▽

⑤:クォータウィンドウガラスのモールディングに関するリコール

リコール対象モデル:「クラウン」
リコール内容:後席ドア後部に取付けているクォータウィンドウガラスのモールディング

▽▼▽関連記事▽▼▽

⑥:ブレーキの不具合に関するリコール

リコール対象モデル:「プリウス/プリウスPHV/C-HR/RAV4/カムリ/カローラスポーツ/クラウン/ジャパンタクシー」、レクサス「UX250h/ES300h/LS500/LS500h」
リコール内容:電子制御式油圧ブレーキのブレーキブースタポンプの不具合

▽▼▽関連記事▽▼▽

⑦:エアバッグに関するリコール

リコール対象モデル:「アルファード/ノア/ヴォクシー/マークⅡ/ソアラ/カローラ/アレックス/カローラフィールダー/ヴェロッサ/プロボックス/サクシード/イプサム/WiLL VS/ブレビス/ガイア/オーパ/アベンシス/レクサスSC430」
リコール内容:助手席用エアバッグのインフレータ(膨張装置)

▽▼▽関連記事▽▼▽

:燃料ポンプ/シートリクライニングに関するリコール

リコール対象モデル:「アルファード/ヴェルファイア/ノア/ヴォクシー/エスクァイア」
リコール内容:ハイブリッド車の燃料ポンプに不具合

リコール対象モデル:「アルファード/ヴェルファイア/ノア/ヴォクシー/エスクァイア」
リコール内容:運転者席および助手席のシートリクライニング機構においての不具合

▽▼▽関連記事▽▼▽

⑨:ディーゼル車の燃料噴射装置に関するリコール

リコール対象モデル:「ハイエース/レジアスエース/ランドクルーザー・プラド」
リコール内容:ディーゼル車の燃料噴射装置において、燃料ポンプとコモンレール間を接続する燃料パイプの締付トルク指示が不適切

▽▼▽関連記事▽▼▽

⑩:バックドア/ABS不具合に関するリコール

リコール対象モデル:「カローラフィールダー/ポルテ/スペイド/エスティマ/レクサ・CT200h」
リコール内容:バックドア用ガス封入式ダンパステーにおいて、メッキ工程での温度管理が不適切

リコール対象モデル:「プロボックス/サクシード/マツダ・ファミリアバン」
リコール内容:アンチロックブレーキシステム(ABS)の油圧調整装置において、製造設備のプログラムが不適切

▽▼▽関連記事▽▼▽

⑪:ECU/集光不足に関するリコール

リコール対象モデル:「アルファード/ヴェルファイア」
リコール内容:エンジン制御用コンピュータにおいて、充電制御プログラムが不適切

リコール対象モデル:「クラウン」
リコール内容:前照灯においてタクシー用途等で使用する際、想定を超えて長時間点灯し続けるとバルブからの熱と紫外線により反射板のアルミ蒸着が剥離する不具合

▽▼▽関連記事▽▼▽

⑫:コネクティングロッドに関するリコール

リコール対象モデル:「タウンエース/ライトエース」
リコール内容:エンジンのコネクティングロッドにおいて、製造条件の管理が不適切

▽▼▽関連記事▽▼▽

☆★☆他社リコールまとめ関連記事はコチラ!☆★☆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう