ホンダ新型「ヴェゼル」に続いて変更無しで価格のみアップ?!2020年モデルとなる新型ミドルサイズSUV「パスポート」が約348万円からにて販売スタート

~よくよく考えたら2019年1月に登場したばかりの新型モデルだった~

先日、アメリカ市場においてホンダのコンパクトSUVモデル・新型「ヴェゼル(HR-V)」が、一部改良やアップグレード等を施さず、車両本体価格のみをアップして販売スタートしていましたが、今回はミドルサイズSUV「CR-V」とフルサイズSUV「パトロール」の中間モデルとなる「パスポート」が、2020年モデルとして一部改良もアップグレードも施されずに価格アップのみで販売されることがわかりました。

▽▼▽関連記事▽▼▽

スポンサーリンク

~変更内容は一切無し、前輪駆動モデルが1万円アップするのみ~

今回価格アップした新型「パスポート」ですが、グレードは大きく7種類ラインナップされるも、Sport/EX-L/Touringの前輪駆動(FF)モデルについては、それぞれ約348万円~/約396万円~/約427万円~と約1万円ほど価格が引き上げられているとのこと。

但し、Sport/EX-L/Touring/Eliteの四輪駆動(AWD)モデルについては、特に価格アップされることなく、それぞれ約370万円~/約418万円~/約449万円~/約476万円~にて販売されることが決定しています。

パワートレインについては、価格アップ前と何も変わらずとなる排気量3.6L V型6気筒エンジンを搭載し、最高出力283ps/最大トルク354Nmを発揮。
トランスミッションは9速ATのみをラインナップしています。

その他についてもこれといった変更は一切なく、エントリーグレードとなるSportより、20インチのアルミホイールやマットブラックグリル、ドライバーアシスタンステクノロジー&Honda SENSINGが標準装備され、その上のグレードとなるEX-L/Touringにおいては、ブラインドスポットモニターやApple CarPlay/Android AUto、車内Wi-Fi、8インチインフォテイメントシステム、ワイヤレス充電パッドが標準装備されます。

☆★☆ホンダ・SUV関連記事4選はコチラ!☆★☆

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう