スズキ”公式”が過激モデル新型「スイフト”エクストリーム・スタイリッシュ”」を発表!専用バンパー&オーバーフェンダーのゴリゴリ仕様に【動画有】

2019-12-06

~まさかスズキ公式がこんなにも過激なモデルを発表してくるとは…~

先日よりタイにて開催中のタイ・モーターエキスポ2019にて、何とスズキが過激なコンプリートモデルとなる新型「スイフト”エクストリーム・スタイリッシュ”(Suzuki Swift Extreme Stylish)」と、特別限定モデルとなる「スイフト・GLスポーツ・エディション(Swift GL Sport Edition)」を世界初公開しました。

▽▼▽関連記事▽▼▽

スポンサーリンク

~その見た目はまさにエクストリーム~

まず、今回発表されたコンプリートモデル「スイフト”エクストリーム・スタイリッシュ”」から見ていくと、その名の通りベースとなる「スイフト」から大幅に変更された専用フロント・リヤバンパーが装着され、フロントヘッドライトカバー、そしてブラックのアクセントやダクト風パーツが設けられたフロントダクトが装備されることで、エクストリーム且つド派手なデザインへと仕上げられていますね(パッと見で、「えっ、これってスイフトなの?」と疑ってしまうぐらい)。

少し角度を変えてみるとこんな感じ。
何とボディカラーとは異なるブラックのオーバーフェンダーが装着され、更に足元には大口径アルミホイールとレッドのブレーキキャリパ、ローダウンされた専用スポーツサスペンションをインストールしています。

サイドのスタイリングはこんな感じ。
専用のサイドスカートも装着され、レッドのディテールアクセントがさり気なく追加されているのもオシャレ。
更にはシャークフィンアンテナやブラックのアクセントが効いたリヤウィングも装着しています。

リヤデザインはこんな感じ。
フロント同様にかなり個性的なリヤディフューザーやリヤバンパー、更には両サイドにはダミータイプのマフラカッターがインストールされていますね。

ちなみにプラットフォームは軽量タイプのHEARTECTを採用し、車体剛性が10%向上され、車体重量も15%軽量化。
ボディサイズは全長3,840mm×全幅1,695mm×全高1,500mmとコンパクトで、車幅も1,700mm以内に収めているのがスゴイですね。

なおパワートレインは、排気量1.2Lデュアルジェットエンジンを搭載し、最高出力83ps/最大トルク103Nmと結構控え目な設定となっています。

【Suzuki แนะนำ Swift ตกแต่งพิเศษ พร้อมอีโคคาร์หลากรุ่น ในงาน Motor Expo 2019】

~タイ市場限定となるGLスポーツ・エディションも発表!~

そしてこちらは、タイ市場限定となる特別仕様車「スイフトGLスポーツ・エディション」。
価格帯としては約194万円からとのことで、専用のブラックパーツや専用ホイール等、充実した装備内容になっているそうです。

但し、タイ市場ではフロントヘッドライトがLEDではなく、ハロゲンが標準でありオプションでも準備されていないのが非常に残念ですね。

先ほどのエクストリーム・スタイリッシュ同様に、専用エアロキットを装着しているため、見た目としては中々にワイドに仕上げられていますね。

~「スイフト・スポーツ」を上回る更なるハイパフォーマンス仕様が登場するとの噂も?!~

今回タイ市場にて、かなり過激な「スイフト」が登場しましたが、その一方で同社のハイパフォーマンス・ハッチバックモデル「スイフト・スポーツ」をベースに、更なるパフォーマンスを高めたハードコアモデル「スイフト・スポーツ・エボリューショ」が2020年に登場する?との噂が以前から浮上しています。

~外観は更にアグレッシブでメッシュグリルを拡大させた過激スポーツフェイス~

自動車ニュース雑誌・ベストカーの情報によると、2020年に登場するであろう新型「スイフト・スポーツ・エボリューション」は、従来「スイフト・スポーツ」に搭載される排気量1.4L 水冷4サイクル直列4気筒直噴ターボエンジンはそのままに、ECUセットアップによって最高出力140ps→180psへと向上させたハイパワーな一台になると言われています。

そして気になる外観としては、「スイフト・スポーツ」をベースにしながらもフロントグリルが更に大口化し、メッシュエリアが拡大され、その両サイドに装着されていたフロントフォグランプを排除し、その代りとして大口化されたエアインテークを搭載することが予想されています。

~ただでさえ車高の低い「スイスポ」を更に20mmローダウン?!~

なお、車体サイズはベースが同じなので一切変更なしとなる全長3,890mm×全幅1,735mm×全高1,500mmで、ホイールベースは2,450mm、車体重量は更に軽量化されて960kg、そして最低地上高は元々低い120mmから更に20mmローダウンした100mmになると言われていて(段差の乗り上げには最新の注意が必要なタイプ)、サスペンションも更に堅めのスポーツ仕様へと置き換えられ、ボディ自体も補強することで全体的にスポーティ且つサーキット仕様へと寄せた過激装備になると言われています。

なお、このモデルの競合となるのがトヨタ次期「カローラGRスポーツ」だと思われ、いずれもスポーツハッチバックでありながらも、どれだけハードな走行性能を持ち、それでいてコスパに優れているのもどちらなのかが非常に気になるところです(多分コスパは圧倒的に「スイフト・スポーツ・エボリューション」が上だと思う)。

☆★☆「スイフト」関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:KEYAUTO.MY

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう