スズキ公式が発表した新型「スイフト”エクストリーム・スタイリッシュ”」の細部とインテリアも公開。どうやら「スイフト・スポーツ仕様」に改造されているようだ【動画有】

~調べれば調べる程に奥が深かった「スイフト」のコンプリートモデル~

先日よりタイにて開催中のタイ・モーターエキスポ2019にて、スズキが過激なコンプリートモデルとなる新型「スイフト”エクストリーム・スタイリッシュ”(Suzuki Swift Extreme Stylish)」とを世界初公開しましたが、このモデルの細部とインテリアデザインも明らかになっていますので併せてご紹介していきたいと思います。

今回発表されているモデルですが、パッと見は「スイフト・スポーツ(Swift Sport)」がベースになっているようにも見えますが、実際にはスタンダードモデルの「スイフト」がベースになっているそうで、フロントヘッドライトや足回り、リヤテールゲートに貼付された”Sport”バッジ、そしてインテリアも全て「スイフト・スポーツ」仕様に改造された一台とのことです。

▽▼▽関連記事▽▼▽

スポンサーリンク

~足回りからも全く抜かりがない仕様に~

おそらくほとんどの方が気付かれているかと思いますが、実は足元のホイールが5穴式になっているんですね。
どうやら「スイフト・スポーツ」専用アルミホイールも装着できるように足周りから大幅に改造を行い(っというか全取っ替えレベル)、更に車幅をスタンダード仕様の「スイフト」に合わせるためにフェンダーをぶった切ったり、専用のオーバーフェンダーを装着したりととにかく大がかり。
ポン付に見えたフェンダーも、実はスズキが相当に拘ったカスタム仕様になっているようですね(ここまで来るとSEMAショーに出展しても良いレベル)。

リヤフェンダーの迫力も凄いですね…
更には個性的なリヤディフューザーやリヤバンパー、両サイドにはダミータイプとなるメッキ仕上げのマフラカッターがインストールされています。

フロントフードもかなり独特。
ダミーダクトが設けられたオリジナルフードとのことですが、もちろん市販では販売されていないワンオフ仕様だそう。

~インテリアもスズキの拘りのシンプルさが上手くマッチ~

そしてこちらが最も気になっていたインテリアデザイン。
非常にシンプルながらも、シートは合成皮革のスポーツシートに張りかえられています。

そしてブラックのスポーツシートにはレッドのカラードステッチが縫合され、背面がフィットする部分には”Sport”の刺繍を特別に追加しています。

こちらはステアリング周り。
残念ながらパドルシフトは搭載されず、このあたりはスタンダード仕様そのままといった感じですね。

なおパワートレインについては、「スイフト」に採用の排気量1.2Lデュアルジェットエンジンを搭載し、最高出力83ps/最大トルク103Nmと結構控え目な設定となっています。

【2020 Suzuki Swift GL Sport Edition | Extreme New model “Swift” Extreme Stylish】

☆★☆「スイフト」関連記事5選はコチラ!☆★☆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう