【2019年版】ホンダは年間で僅か4万台&1件のリコールのみ!但しサービスキャンペーンも含めると「フィット/N-BOX/シビック/ヴェゼル」も該当で80万台超えに

~意外にも2019年はほとんどリコールの届け出が無かったホンダ~

以前、トヨタやスバル、日産・三菱、スズキが2019年に届け出たリコール内容をまとめた記事をご紹介しましたが、この内容がかなりの反響を呼んでいたようなので、今回はホンダが2019年に届け出たリコール内容をまとめていきたいと思います。

トヨタやスバル、日産・三菱、スズキの2019年のリコール台数は、それぞれ約104万台/約74万台/約143万台/約240万台と非常に多く、一台当たりの不具合対象台数や不具合の発生件数、更には不具合が生じたという情報源における全体的な品質面において最も大きく下回っているのが日産となっています。

そして今回、ホンダが2019年にリコールを届け出た台数をチェックしてみたところ、「N-BOX SLASH」の4万台のみということで、どのメーカよりも圧倒的に少ないことがわかっています(但しこのたった一つのリコールが、後の新型「N-WGN」にも響いてくることは誰も全く想像していなかったと思う)。

スポンサーリンク

~とは言いながらもそこそこ致命的な不具合も発生している模様~

ただ、リコールや改善対策には該当しないものの、品質上の問題などといった不快な思いをする可能性があるものに関しては、メーカ独自にてサービスキャンペーンを実施するケースもあり、こうしたサービスキャンペーンも含めるとホンダは年間80万台以上も該当していることが発覚。

サービスキャンペーンの内容としては、衝突軽減ブレーキシステムが誤認識したり、トランスミッションの不具合で発進ができない恐れがあるといった問題が確認できているため、死亡事故を引き起こすレベルの不具合が生じる可能性があることを考えると、十分リコールに該当するのではないかと思ったりしますね。

~2019年にホンダが届け出たリコール・サービスキャンペーン内容を見ていこう~

①:パーキングブレーキに関するリコール

リコール対象モデル:「N-BOX SLASH」
リコール台数:43,419台
不具合内容:電動パーキングブレーキにおいて、電動パーキングブレーキアクチュエーター内部ギヤ潤滑用のグリス塗布量及び当該グリス溜まり部容積の設定が不適切

▽▼▽関連記事▽▼▽

②:衝突軽減ブレーキに関するサービスキャンペーン

リコール対象モデル:「N-BOX/N-BOXカスタム/シビック」
リコール台数:143,042台
不具合内容:前方障害物衝突軽減制御装置(衝突軽減ブレーキシステム)装着車において、障害物認識プログラムが不適切

▽▼▽関連記事▽▼▽

③:トランスミッションに関するサービスキャンペーン

リコール対象モデル:「フィット/ヴェゼル/シャトル/グレイス/ジェイド」
リコール台数:661,156台
不具合内容:7速DCT(デュアルクラッチトランスミッション)型自動変速機を搭載した車両において、自動変速機制御コンピューターのプログラムが不適切

▽▼▽関連記事▽▼▽

☆★☆他社リコールまとめ関連記事はコチラ!☆★☆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう