ホンダ新型「シビック・タイプR」のレーシングモデル”TC”が突如として登場!巨大リヤウィング&オーバーフェンダー装備で約980万円から

~これまたとんでもない「シビック」が登場したぞ!~

ホンダのハイパフォーマンスハッチバックモデル「シビック・タイプR(Honda Civic Type R)」をベースにした、最新のコンペティション専用となるレーシングモデル「シビック・タイプR TC」が突如として世界初公開されました。
このモデルは、SRO Touring Car Americas TCクラスとSCCA T2クラス、NASA ST5及びE2クラスにて参戦するためのレーシングモデルとなります。

スポンサーリンク

~冷却効果を最大限に発揮するためにダクトやメッシュグリルを本格採用~

かなり過激に仕上げられた新型「シビック・タイプR TC」は、Honda Performance Development(HPD)によって特別に改良されたラジエーターやオイルクーラー、そして外観をアグレッシブ且つ空気の流れを改善したメッシュグリル、2ピースのフロントローターを冷却するブレーキダクト、更には通気口付のグラスファイバフードも装備され、従来の「シビック・タイプR」よりもゴリゴリ仕様に。

それにしてもフロント・リヤフェンダーの張り出しと巨大リヤウィングの存在感は強烈。
タイプR特有のレッドのディテールアクセントも入って特別感が演出されています。

~エンジンももちろん2リッターVTECターボ~

パワートレインについては、従来モデルと同じ排気量2.0L 直列4気筒VTECターボエンジンを搭載し、エンジン出力等は参戦するシリーズに応じて270hp~330hpに調整されます。
トランスミッションは6速MTのみとなりますが、HPDのセットアップにより3速~4速目のシフトを改良しているとのこと。

車内は完全にレーシング仕様のため、ロールケージやパッセンジャーシートと後席を排除し軽量化に貢献。
消火システムももちろん搭載されていますし、6ポイントハーネスを備えるOMPレーシングシートも準備しています。

運転席周りも非常にシンプルにまとめていますね。

~気になる新型「シビック・タイプR TC」の価格は?~

なお新型「シビック・タイプR TC」の車両本体価格は約983万円からとのことで、レーシングライセンスを取得している人であれば、HPDのHonda Racing Lineプログラムも購入することが可能になっているそうで、イベント中にトラックサイドのエンジニアリングサポートとパーツサポートを利用することが可能になっています。

☆★☆「シビック・タイプR」関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:motor1.com

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう