ホンダの高級SUV&中国専売モデルとなる新型「UR-V」がマイナーチェンジ。新型「ヴェゼル」顔でエンジンは1.5Lターボ/2.0Lターボの2種類のみをラインナップ

~スポーティ且つ「ヴェゼル」顔に進化した「UR-V」が世界初公開~

東風ホンダの中国専売モデルとなる高級SUV「UR-V(アヴァンシアの兄弟車)」がマイナーチェンジ。
今回公開されている新型「UR-V」ですが、パワートレインは中国の排ガス規制を満足する排気量1.5L 直列4気筒ターボエンジンと、排気量2.0L 直列4気筒ターボエンジンの2種類がラインナップされることが決定しています。

但し各パワートレインにおいてトランスミッションは共有されず、排気量1.5LターボエンジンがCVT、排気量2.0Lターボエンジンが9速オートマチックトランスミッションが採用されるとのこと。

そして最も気になる新型「UR-V」の外観についてですが、フロントマスクは一新し、ファミリーデザインでブラックペイント処理されたエアインテークグリル、フルLEDヘッドライト/LEDフォグランプが採用され、エントリーグレードになるとハロゲンヘッドライト/ハロゲンフォグランプが標準装備となります(オプションでLEDに変更できるかは不明)。

スポンサーリンク

~リヤテールランプは超絶ワイドな水平基調&シームレスタイプ?~

リヤデザインはこんな感じ。
ボディとテール側面の大きな変化はないものの、テールライトのランプキャビティは新デザインとなり、今にも直結しそうな程にワイド感タップリ。
それでいてクロームトリムをテールライト周りに追加することで高級感を演出していますね。

なおボディサイズとしては、ミドルサイズSUVよりも大型となる全長4,856mm×全幅1,942mm×全高1,670mm、ホイールベースは2,820mmで、車内の居住性はかなり充実しているとのこと。

パワートレインとエンジンスペックについてですが、排気量1.5L 直列4気筒ターボエンジン(最高出力193ps)と、排気量2.0L 直列4気筒ターボエンジン(最高出力272ps)を準備。
駆動方式については、四輪駆動モデルのみがラインナップされるとのことです。

☆★☆ホンダ関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:info.xcar.com.cn

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう