フルモデルチェンジ版・トヨタ新型「ハイランダー(日本名:クルーガー)」の外装インプレッション。高品質でアグレッシブ、やはり”新型「RAV4」の兄貴分”という異名は伊達じゃない

2019-12-17

~見れば見る程にカッコいい新型「ハイランダー」~

先日、トヨタの3列シーターSUVモデルとなる新型「ハイランダー(日本名:クルーガー)」が発売スタート。
新型「RAV4」の兄貴分ということもあってか、そのアグレッシブ且つ高級感を持たせたフロントフェイスに加えて、細部に渡る改良内容をみる限り、かなり力の入った変更に見えますね。

前回は内外装の概要に加えて、グレード別の装備内容、グレード別価格帯を明らかにしましたが、今回は少し細かい外装インプレッションを行っていきたいと思います。

▽▼▽新型「ハイランダー」インプレッション記事はコチラ!▽▼▽

スポンサーリンク

~早速新型「ハイランダー」の外装インプレッション!~

まずはフロントフェイスから見ていきましょう。
新型「RAV4」よりも更に引き締まりが強化されてかなりカッコいいですね。
オフロード感もありますが、「ハリアー」のようなプレミアム感も上手く表現されていますし、是非とも日本でも市販化してほしい一台です。

そして、新型「ハイランダー」のLEDデイタイムランニングライトはこんな感じで点灯するんですね。
レクサスを想起させるような逆L字型のシームレスタイプとなるデイタイムランニングライトですが、よりアグレッシブさが際立って、欧州ブランドのSUVモデルに引けを取らないところだと思います。

その他にも、サイドミラー下には耳たぶのようなものが設けられていないため、恐らくアラウンドビューモニターが装備されているのだと思います。

フロントヘッドライトを拡大してみるとこんな感じ。
フロントヘッドライトは単眼タイプとなりますが、その内側にあるのはおそらくハイビームライトでしょうね。
ウィンカーはまだわからないものの、もしかするとLEDデイタイムランニングライトをターンシグナル化したものではないかと考えられます。

新型「RAV4」は豆球式のウィンカーを採用しているので、この辺りの差別化は大きく図れているのではないかと思います(流れるタイプのシーケンシャルウィンカーなら尚の事グッド)。

~ダイナミックさと実用性をしっかりと考慮したミドルサイズSUV~

サイドからみたスタイリングはこんな感じ。
3列シートSUVということもあり、リヤオーバーハングはかなり眺めに設定され、3列目のスペースを大きく確保していることがわかります。

トップルーフもほぼほぼフラットですし、クーペSUVとは異なって天井の高さを均一にし圧迫感を無くしているのではないかと思います。スタイリングはもちろんんのこと、しっかりと実用性を考慮しています。

そして足回りのフェンダーモール(プロテクタパーツ)も最小限に抑えられ、チープ感を感じさせない工夫が施されていますね。

足もとのアルミホイールはこんな感じ。
高級感のある20インチ・マルチスポークタイプのアルミホイール(タイヤ規格は235/55R20)を装着していますね。
グレードによっては18インチもしくは20インチの選択が可能になっていますが、個人的には上の20インチのマルチスポークタイプでも十分ではないかと思います。

~リヤデザインはやっぱりレクサス「NX」風?~

こちらはリヤデザイン。
前回のブログでもお伝えしましたが、リヤテールランプの形状がどことなくレクサス「NX」に似ているような…ちなみにリヤウィンカーは両サイドの端っこが点滅するタイプになっているため、シーケンシャルではありません。

あとはハイブリッドモデルということもあってか、リヤロアバンパー下に隠れるような形でマフラが装着されています。

リヤテールランプを拡大してみるとこんな感じ。
こうしてみると、「NX」とは異なるフラットなテールとなりますが、ウィンカーの点滅ポイント然り、「NX」をモチーフにしているようにも見えますね。

☆★☆関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:motor1.com

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう