フルモデルチェンジ版・トヨタ新型「セリカ」がレーシングモデルとして復活したら?新型「GRスープラ」をモチーフに学生が本気のレンダリングを公開

~これが次世代「セリカ」として登場したら発狂ものだ~

以前より度々噂されているトヨタのフルモデルチェンジ版・新型「セリカ(Toyota Celica)」について。
一部では”GT-FOUR”の名が復活したり、”GR”ブランドを用いた過激なスポーツモデルとして登場するなどの情報が展開されていますが、今回はカーデザインをメインに手掛ける大学生のアレクシス・ポンセレット氏が、「次世代セリカが現代によみがえり、更にレーシングモデルとして復活したら?」というレンダリングを公開しています。

スポンサーリンク

~レーシングカーとラリーカーがミックスされた変態モデル~

今回公開されているレンダリングを見ていくと、最後に登場した7世代目(230型)を想起させるようなルーフラインやフラットなリヤデッキが採用され、ここに新たなデザインとしてフロント・リヤデザインを大幅に一新しつつ、エアロワークやライトクラスターといった様々なポイントをシンプル且つスタイリッシュにまとめ上げていることが確認できますね。

もちろんレーシングモデルということもあって、過激なフロントスプリッターやサイドスカート、固定式の巨大リヤウィング、ボコッと大きく張り出したオーバーフェンダーはかなり過激ながらもクール。
そしてラリーカーをイメージさせるランプポッドも装着されているのが確認できますね。

~市販モデルもなかなかにイケてるが現実味は無さそう~

こちらが公道仕様モデルをイメージしたレンダリングだそうですが、ボディラインはとにかく滑らか。
車高もかなり低い為、実用性はほとんど向いていませんが、先進性を持たせるべくサイドミラーはカメラを内蔵。

ドアハンドルも、空力特性を考慮してレス化していますが、そもそもどうやって開くことができるのかが疑問。
フロントヘッドライトはかなりコンパクトですが、輝度の関係で量産モデルとするにはちょっと無理がありそう。

こちらはリヤプロファイル。
トップルーフからリヤハッチにかけてパノラマルーフを採用することで開放感を演出。
車内は2シータを採用していますが、かなり窮屈で狭そうですね。

☆★☆レンダリング関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:autoevolution

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう