アメリカの大富豪にポルシェ「935クラブスポーツ」が納車!世界限定77台、何とマルティーニカラーを採用した伝説のスーパースポーツだ【動画有】

~最近は月一回のペースで億越えのスーパーカーが納車される大富豪~

アメリカの不動産王で大富豪でもあるマニー・コシュビン(Manny Khoshbin)氏に、世界限定77台のみ販売されたレーシングスーパースポーツ・ポルシェ「935クラブスポーツ(Porsche 935 Clubsport)」が納車されるとのことで、その納車の瞬間が動画にて公開されています。

「935クラブスポーツ」は、世界限定1,000台販売された「911GT2RS」をベースとしたハイパフォーマンスレーシングモデルで、つい先日全身グロスカーボンファイバで塗装一切無しの状態に仕上げられた個体が納車されていましたが、今回マニー・コシュビン氏に納車される個体はマルティーニカラーを採用した、いわば”王道カラー”といったところですね。

▽▼▽関連記事▽▼▽

スポンサーリンク

~早速「935クラブスポーツ」の納車の儀に立ち会おうじゃないか~

早速、納車の儀に立ち会うマニー・コシュビン。
オレンジの大型トランスポーターに向かいます。

「935クラブスポーツ」の後ろ姿。
過激な固定式リヤウィングとセンター2本だしとなるスポーツエキゾースト、そしてあらゆるところにふんだんに使用されたカーボンファイバパネルが確認できますね。

いよいよその姿を拝むことに。
サイドパネルには”70”と記されたペイントがありますが、これはおそらく世界限定77台の内の70台目を示したものではないかと予想されます。

車内はこんな感じ。
ロールケージが設けられているため、とにかく乗降りしにくいこと何の…
RECARO製のカーボンファイバを採用したフルバケットシートや、レーシングモデルにて良く見かけるフラットボトムのステアリング等も確認できます。

かなりエクストリームなインテリアですね。

~「935クラブスポーツ」の走行する姿はこうなっている~

こちらがフロントフェイス。
何とも美しいレッドとブルーのマルティーニカラーに身を纏っていますが、とにかく車高が低いですね…

真後ろから見た「935クラブスポーツ」。
リヤロア部分にはレッドのアクセントが追加されています。

遂にガレージに収められた「935クラブスポーツ」。
究極に低いフロントエンドや幅広のカーボンファイバ製フェンダー、ダクト付となるフロントフード、大型リヤスポイラー等、とにかく一つ一つの空力パーツの主張がスゴイですね。
足もとにはセンターロック式のアルミホイールを装着シテいます。

車外へと脱出を試みるアメリカの大富豪。
やはり相当に降りにくいようですね。

~改めて「935クラブスポーツ」のスペックをおさらい~

気になるパワートレインは、「911GT2RS」ベースの排気量3.8L 水平対向6気筒ツインターボエンジンを搭載し、最高出力700psを発揮。
パフォーマンスとしては、レースのために最適化されたリミテッドスリップディファレンシャルを介して電力を伝達する7速PDKトランスミッションを搭載します。

その他の機能性においては、6ピストンアルミモノブロックレーシングキャリパをフロントに配置した超高性能ブレーキシステムを装備し、ポルシェ・スタビリティ・マネジメント、トラクションコントロール、アンチロック・ブレーキ・システム等を個別に調整することが可能となっています。

ちなみにこのモデルの価格帯は約8,900万円からとなりますが、今回のマルティーニカラーの個体は相当なオプションが設定されているとのことですから、余裕で1億円は超えているでしょうね。

【Taking Delivery of my Porsche 935!】

☆★☆関連記事5選はコチラ!☆★☆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう