スズキ新型「ハスラー/ジムニー」を本気で潰しにかかる?ダイハツが市販化に向けた最新コンセプトモデル「TAFT(タフト)コンセプト」を東京オートサロン2020にて出展へ

~ダイハツが遂にスズキと真っ向勝負するモデルを発表へ~

2020年1月10日~12日に千葉県・幕張メッセで開催の東京オートサロン2020にて、ダイハツが2020年中ごろに市販化を想定した最新コンセプトモデル「タフト・コンセプト(Daihatsu TAFT Concept)」を世界初公開することが明らかとなりました。

この新型「タフト・コンセプト」(タントと勘違いしそうだけど全く別物)は、”Tough&Almighty Fun Tool(タッチ&オールマイティ・ファン・ツール)”をコンセプトにした軽クロスオーバーモデルで、日常生活からレジャーまでアクティブに使える新感覚モデルなのだそう。

言うなれば、スズキが1月20日に発売スタートする新型「ハスラー(Suzuki Hustler)」や新型「ジムニー」のライバルモデルになるとして、ダイハツも間違いなく真っ向から勝負を仕掛ける一台になると予想されます。

▽▼▽関連記事▽▼▽

スポンサーリンク

~衝撃のコンセプトモデル「WakuWaku」がベースになると予想~

デザインベースについてですが、恐らくは2019年10月に開催された東京モーターショー2019にて出展の「WakuWaku(ワクワク)コンセプト」だと思われ、トーンダウンしながらもガラスルーフの採用やフラットで使い勝手の良い荷室空間を提供する”道具感満載”の一台になることは間違いないでしょうね。

気になるボディサイズについては、全長3,395mm×全幅1,475mm×全高1,630mmで、パワートレインは軽自動車規格に合わせた排気量660cc 直列3気筒ターボエンジン、トランスミッションはCVT、駆動方式は2WD(多分FF)、そしてタイヤサイズは165/65R15となっています。

~以前より噂の「ウェイク」次期型になる?~

そしてこの「タフト・コンセプト」ですが、2020年中ごろに市販化を想定しているということであれば、以前より噂されていた「ウェイク」の次期モデルとして登場する可能性が高いですし、新型「タント/ロッキー」に続く第三の新世代プラットフォームDNGA(ダイハツ・ニュー・グローバル・アーキテクチャ)を採用する一台になると思われます。

安全装備についても、スマートアシストⅢから次世代スマートアシストが採用されることは確実ですし、新型「タント/ロッキー」よりも更に充実した安全装備が追加されることは容易に想像ができますね。

気になる価格帯についてですが、こちらについては新型「タント」の上がり幅を参考にすると、概ね5万円~9万円アップになるのではないかと予想。
そうなると、今現在の「ウェイク」の価格幅は1,375,000円~1,875,500円となるため、概ね約140万円~193万円ぐらいにて販売されるのではないかと考えています。

☆★☆関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:DAIHATSU

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう