ホンダ新型「フィット4(FIT4)」とトヨタ新型「ヤリス(Yaris)」の受注が好調のようだ。何れも2019年12月末時点での最新納期は4か月以上、新型「ヤリス」は納期半年?!気になる購入層も

~トヨタ・ホンダ共に力を入れているコンパクトモデルなだけあって受注はかなり好調~

2020年2月10日にフルモデルチェンジ版・トヨタ新型「ヤリス(Toyota Yaris)」が発売スタートし、2月14日にホンダ新型「フィット4(Honda FIT 4)」が発売スタートしますが、何れも先行受注は好調なようです。

いつも御世話になっているトヨタ・ホンダディーラさんに独自に取材させていただいたところ、どうやらトヨタ新型「ヤリス」は12月末時点で納期4か月以上となり、特にハイブリッドモデルで2トーンカラーになると更に納期が延びてしまい、最大で半年ほどはかかることを覚悟してオーダーほしい…とのことでした(あくまでも私がいつもお世話になっているトヨタディーラの情報なので、別のディーラではちょっと異なるかもしれない)。

スポンサーリンク

~新型「ヤリス」は発売前から既に問い合わせも多く、特に若者中心にオーダーが集中している模様~

2019年12月20日に発表された新型「ヤリス」ですが、発表前の先行予約では3月初め頃には納車可能であったものの、20日の発表後は集中的な先行受注と、各ディーラに割り振られる初期ロット枠が少ないこともあって、すぐさま納期は4か月以上になってしまったとのことです。

おそらくではありますが、発売スタートとなる2月10日のタイミングでは更に納期が延びることが予想され、納車のタイミングは2020年8月になるかもしれないとのことですから、車検が近づいてる方や早期的に乗り換えたい方は、早めのオーダーが必要かもしれません。
グレード別価格帯や、ボディサイズ・燃費といった主要緒元も全てトヨタの公式ホームページにて公開されているので、検討に必要なデータは十分揃っているのではないかと思います。

なお、新型「ヤリス」をオーダーしている人の多くは20代~40代の若者から中年男女に多いようで、ガソリンやハイブリッドもバランスよく注文を受けているそうです。

~新型「フィット4」は思いのほかガソリンモデルが人気のようだ~

一方のホンダ新型「フィット4」ですが、こちらも12月19日の先行予約開始前までは、何とか初期ロット枠の3月上旬には納車可能という状況でしたが(私も初期ロット枠でオーダーでき、納車は3月上旬を予定)、12月26日現在では更に延び延びとなり4月下旬ごろが最速納期となっているようです(こちらも、あくまでも私がお世話になっているディーラでの情報なので、他のディーラでは多少異なるかもしれません)。

▽▼▽関連記事▽▼▽

新型「フィット4」についても、グレードによって納期は異なるようで、スタンダードグレードとなるHOME(ホーム)や、SUVテイストグレードのCROSSTAR(クロスター)は主要グレードになるため、少し納期は早められるかもしれないものの、ここに2トーンカラーを組合わせると、作業工程が大幅に増えてしまうため、納期が一気に遅れるそうです(ヘタしたら納期5か月以上?!)。

ちなみに、グレードとしてはe:HEVのハイブリッドモデルよりも、ガソリンモデルの方が人気だそうで、燃費情報はわからないものの、やはり価格が大きく影響しているとのこと。
また購入層においては、新型「ヤリス」とは異なって40代以上が多くを占めているそうで、女性よりも男性の方が多いとのことです。

~何れのモデルも性格は異なるものの、それぞれの良さを持つ上質なコンパクトモデル~

何れのモデルも、新型ということもあって大幅な値引きは期待できませんが、東京モーターショー2019では大きな注目を受けたモデルですし、モータージャーナリストの評価も少し高めですから、個人的には購入する人物の家族構成や予算、デザインの好みに合わせて購入するのもアリだとは思います。

後席を荷物置き替わりとして走りを楽しみ、更には燃費を稼ぐこともできるということであれば新型「ヤリス」ですし、一方でキュートなデザイン性と安全性の充実化、快適な室内空間、更に電動パーキングブレーキやオートブレーキホールドといった先進的な装備の充実化を求めるのであれば、新型「フィット4」がオススメだと思いますね。

この辺りは完全に各人の好みだと思いますし、「実車を見ないとわからないよ!」という方も多いとは思いますが、一日でも早く所有したいという方は、上記の項目のどれに当てはまるかを見極めて購入するのもアリではないか?と考えたりもしますね。

☆★☆新型「ヤリス/フィット4」関連記事5選はコチラ!☆★☆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう