フルモデルチェンジ版・日産の新型「エクストレイル」はクーペSUV風に激変し競合モデルはトヨタ新型「ハリアー」に?エンジンスペックや価格予想も公開

~新型「エクストレイル」はプレミアムSUVへとシフトする?~

いよいよ2020年に日産より5車種前後の新型車が登場するとのことで、その中で最も期待されているのが主要SUVモデル「エクストレイル(Nissan X-Trail)」なのですが、このモデルが2020年7月頃に登場するとの情報が入ってきている一方で、ボディスタイルもオフロードチックなゴリゴリしたデザインから、シティ派もしくはプレミアムSUVとして新たなジャンルに変更していく?との噂が浮上しています。

スポンサーリンク

~次なる競合はトヨタ新型「ハリアー」が濃厚?~

自動車情報誌ベストカーによると、ポルシェ「カイエン・クーペ/マカン・クーペ」といったスタイリッシュなクーペSUVへと進化するとのことで、更にデザイン性においても日産の新型ピュアEVとなる「アリヤ・コンセプト」を取り入れてくる可能性も高いとのこと。

おそらくではありますが、トヨタが2020年5月のGW以降に発表する(とベストカーが明言していた)、新型「ハリアー」に対抗する一台に仕上げてくるのではないか?と推測しており、スタイリッシュさの中にプレミアム感も追加した、これまでに無い日産の新しいジャンルが切り拓かれるのだろうと期待しています。

~予想サイズはまさかのクーペSUVから遠のくものに…~

ちなみに気になるパワートレインについてですが、今のところベストカーの情報によれば新型「エクストレイル」の車重バランス等を考慮して排気量1.5L 直列4気筒エンジン+電気モータを組合わせたものになり、エンジン出力100ps/モータ出力250psを発揮するのではないか?との予想。

車体サイズにおいても、三菱の新型「アウトランダーPHEV」と共有するであろう次世代プラットフォームを採用することにより、全長4,670mm(現行比-20mm)×全幅1,810mm(現行比-10mm)×全高1,780mm(現行比+50mm)になるのでは?と予想していますが、全体的に全長と全幅が現行モデルに比べてコンパクトになり、全高が明らかに現行モデルに比べて高くなることを考えると、「これってクーペSUVなのか?」と疑問に感じるところも。

~価格帯も予想されているが、これで日産の今後の経営方針もある程度見えてくるかもしれない~

価格帯についても250万円~350万円と、約20万円~約30万円近くの価格アップが考えられますが、この辺りもパワートレインの一新や安全装備の充実化等を考慮しての価格アップだと考えるものの、日産としては1台あたりの利益率を向上させることも考えていると思うので、この辺りで消費者優先で考える企業となるのか、それとも企業優先で考える企業となるのかがはっきりとわかってくるのではないかと思いますね(個人的には後者で動いてくるのではないかと予想)。

☆★☆「エクストレイル」関連記事5選はコチラ!☆★☆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう