ホワイトパールの塗装剥がれはトヨタ「アルファード/ヴェルファイア等」だけではない!何と2010年式付近の日産「セレナ(C26)型」でもホワイトパールの塗装剥がれが発生中

2020-01-04

~どうやらトヨタだけではなく日産でもホワイトパールの塗装剥がれが発生しているようだ~

以前より何かと話題となっているトヨタの2010年式付近によるホワイパール塗装剥がれ問題。

既に対象車種となる「アルファード/ヴェルファイア/ハイエース/レジアスエース/iQ/カローラルミオン/オーリス/ウィッシュ」に関しては、無償修理を実施するサービスキャンペーンをアナウンスしているものの、このモデル以外(対象外)となる「プリウス/ランドクルーザー・プラド/ラクティス/シエンタ」等でも、同様のホワイトパール塗装剥がれ問題が頻発しています。

そんな中、遂にトヨタ以外のメーカでもホワイトパール塗装剥がれが発生した模様。
そのモデルが、日産のファミリーミニバン「セレナ」だそうで、特に2010年式付近のC26型が頻繁的に塗装剥がれが発生している模様。

▽▼▽関連記事▽▼▽

スポンサーリンク

~原因は追究できていないものの、もしかするとトヨタと同様の可能性も~

具体的な原因についてはまだ明らかになっていないものの、もしかするとトヨタのホワイトパール塗装同様に”塗膜を構成する中塗り塗料の濃度(顔料の量)が低く、膜厚が薄い場合、長期間にわたる太陽光と雨水の影響で、電着塗膜と中塗り塗膜の密着性が低下し、外的負荷(洗車機など)により塗膜が剥がれることがある。”と考えられそう。

もちろん、これは日産の調査結果ではありませんし、トヨタの見解を引用したに過ぎませんが、そもそも塗料自体による問題ということであれば、「セレナ」に限らずホワイトパールを採用しているほとんどのモデルが対象となる恐れも十分に考えられそうです。

なおこの問題に関して、実際に被害を受けた方がディーラに問い合わせたところ、有償修理を告げられたとして非常に困惑しているそうですが、なぜ有償となっているのかまでは調査できておりません。
もしかするとトヨタ同様に、新車登録後3年間の無償修理期間を過ぎた恐れがあるとして、これによって対象外となった可能性もありますし、この辺りは実際に日産ディーラに対して独自に取材を進めていこうと考えています。

▽▼▽関連記事▽▼▽

新たな情報が入り次第、当ブログでも情報展開していこうと思っていますが、もしも同様の問題で苦慮されている方は、以下の問い合わせページにてご連絡をいただくか、私のツイッター(ページはコチラ)、もしくはフェイスブック専用ページ(ページはコチラ)よりご連絡いただけますと幸いです。

☆★☆ホワイトパール塗装剥がれ問題の関連記事5選はコチラ!☆★☆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう